新潟の土地探しバイブル

第1章 土地の探し方

どうやって土地を探したらいいのか?

さぁ 土地を探すとなったらどのような手段で土地を探すのが良いのだろうか?

(1)インターネットで土地を探す

現在 不動産の売土地情報の多くは不動産業者の組織ごとにデーターベースになっており、それぞれがポータルサイトのように売り情報が一覧になって調べることができます。 地図情報なども添付されている場合もあり、まずはインターネットで情報収集することをお勧めします。

また、特定地域に密着し、対象地域の情報に特化した不動産屋も、ネットで土地情報を提供しております。逆にいえば、ほとんどの売り地情報はネット上にある時代なので、建築業者に土地探しを依頼しても、すでに知っている情報しか入手できないでしょう。

(2)対象の地域を車で回って、売り土地の看板を探す。

団地などの売り土地には、不動産屋が立てた看板が良く見受けられます。

事前にインターネットで下調べをして売地を見に行くと、その近くにノーチェックだった売地を発見することもあるでしょう。現地で実際に行くことは、高低差や雰囲気や日照や音など、重要な条件を確認できるので、気になる土地は何度も足を運ぶことが大事です。

(3)対象地域に根ざした不動産屋に足を運ぶ。

すぐに売れそうな物件をあえて表の情報に出さないという業者もいると聞いたことがありますし、物件の履歴(かつてどういう使われ方をしていたか)などNetでは知りえない情報も入手できるでしょう。

(4)建築業者に土地探しを依頼する。

もちは餅屋といいまして、建築を一生懸命している会社は、一般人と同じ程度しか土地情報をもっていません。一方で、建築条件付土地という手法で、建物の注文をとることに注力している建築屋が、特に新潟市には異様に多いのが現実です。この業者の場合は、まずは自社の条件付物件を優先して販売しようとする傾向があります。

<建築条件付土地とは?>

A社が所有する土地を販売するに当たり、A社又はA社の指定する建設業に、その土地に建築する建物について一定期間内に建築請負契約が成立することを条件として売買される土地をいいます。土地は相場よりも安くしておいて、建築で利益を出そうとする傾向があるように思います。土地は公示価格などで、高い安いの判断ができますが、建物はよほどの目利きでなければ、その質と金額が妥当かどうか判断は無理だからです。

条件付ではない土地であれば好きな建築が可能です。「いい家に住みたい」と願うならば、こうした条件付の土地を避けましょう。

条件付とは表示がしてあっても、建築業者を介して交渉すれば、あっさり条件付で無くなったりするケースもよくあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
検討土地などの情報をお持ちいただけるとスムーズです。 【ご夫婦、ご家族でのご参加歓迎】家づくりに対する意志の統一にも有益です。 【ご予約制】見学はお気軽にご連絡ください。
オーガニックスタジオ新潟(株)
オーガニックスタジオ新潟株式会社
〒950-1101 新潟市西区山田3077 TEL 025-201-6611 FAX 025-201-6612