会社概要

  1. 会社概要
  2. 事務所のご案内
  3. 代表メッセージ
  4. スタッフ紹介
  5. メディア掲載履歴
  6. 客員講義履歴
  7. スタンダードモデルハウス

会社概要

社名
オーガニックスタジオ新潟 株式会社
所在地
〒950-1101 新潟市西区山田3077
※ナビなどで所在地検索がうまく表示されないようです。
 目的地セットする際は<山田3081>などで探してください。

電話
025-201-6611
FAX
025-201-6612
URL
http://www.organic-studio.jp/
代表取締役
相模 稔
設立
平成21年8月
資本金
3,000,000円
免許
建設業許可 :新潟県知事(般-26)第43344号
一級建築士事務所登録:新潟県知事 (イ)第4942号
宅地建物取引業登録:新潟県知事 (1)第5077号
所属団体
一般社団法人 新木造住宅技術研究協議会
一般社団法人 パッシブ・ハウス・ジャパン
一般社団法人 パッシブ・ウィンドウ・ジャパン
新潟商工会議所
事業内容
木造注文住宅の設計・施工
定休日
水曜日

アクセス(弊社事務所へのご案内)

看板オーガニックスタジオ新潟の事務所は、新潟西バイパス「黒埼I.C.」を降りて、国道を青山方面に進み2つ目の信号を左に入ってすぐ。かつての新潟交通電車線の寺地駅の跡地で、サイクルロード沿いにあります。

国道8号、新潟バイパスの交わる交通の要ともいえる立地で、高速の「新潟西IC」からもすぐです。お客様が立ち寄るには便のよい立地です。お客様を、壁面緑化されていく小屋と、雨水利用の池が出迎えます。

新事務所地図
池は夏になれば、水辺の植物が茂り、メダカの学校が観察できるようになるでしょう。
建物は壁の断熱材の厚みが一般の2倍の200mm。最新のトリプルサッシを装備し、床下暖房としてます。冬になれば理想的な温熱環境を体感できます。
2階は小規模なセミナーの出来る程度のスペースも用意しました。

お気軽に立ち寄れる家づくりの相談スペースとして、みなさまのご来店をお待ちしております。

※ナビなどで所在地検索がうまく表示されないようです。
 目的地セットする際は<新潟市西区山田3081>などで探してください。

代表メッセージ

新潟に最適な家をつくりましょう

住宅とは単なる家族の器という意味だけではなくて、社会的な存在であると考えます。
一軒の家が建てば街並みの一部になります。
一時の流行り廃りに流されない、普遍的で美しい佇まいでなければならなりません。
時とともに経年美化してゆく姿に、住む人が誇りをもってくれるような住宅を作り続けていきたいと考えます。
また、地球規模のエネルギーと環境の問題はいうまでもなく、さらには住宅の温熱と住む人の健康との因果関係が注目されております。
我々は高断熱住宅の設計手法を研究し、快適で経済的に、そして健康的に暮らしていける住宅をさらに追及してゆきたいと考えます。
ご提供するのは、世の中にあふれかえるファスト化した商業住宅と、真逆の住宅です。
ひとつひとつ、豊かな建築知識を動員して線が引かれ、熟練した職人たちが手仕事で形にしてゆく住宅です。
我々は、大いに学び、進化し、家づくりを深めてゆくことを止めません。
このような我々の価値観をお客様と共有することに努め、家づくりを通じて新潟がもっともっとよくなってゆくように本気で取り組み続けてまいります。
今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします。

オーガニックスタジオ新潟株式会社
代表取締役 相模 稔

スタッフ紹介

相模 稔
相模 稔 サガミ ミノル
(社)Passive Window Japan 理事 (理想の窓開発Forum)

S42年、新潟市西蒲区(旧巻町)の左官屋に生まれる。
巻高校・青山学院大学経済部を卒業後、バブルにうかれる日本を離れ、ドイツで塾講師をしながら2年生活をする。その後、大手住宅FCの本部・加盟店・木造系ハウスメーカーで15年間住宅と向き合い、住宅に関わることは深く広くオールラウンドであろうと思う。
詳しくは「おーがにっくな家ブログ」を見てください。
当面は仕事に没頭の仕事バカ。

尊敬する建築家は吉村順三・天野一博。

[設計部]

お客様の個別対応/住宅設計/コーディネート提案
阿部 誠治
阿部 誠治 アベ セイジ 一級建築士 一級施工管理技士

S56年、新潟市西区(旧黒埼町)生まれ。

新潟工業高校卒業後、東京電機大学工学部建築学科及び大学院で建築を学ぶ。建築史を学ぶため、欧州・アジアの建築巡りも経験。卒業後はゼネコンにて現場監督として住宅の新築工事やビルや公共建造物の改修等様々な現場での施工管理を担当していた。
オガスタ黎明期からのファンで、内覧会に皆勤賞。 「求人が出るのをずっと待っていました。」という、入社前から愛社精神があるのが 採用の決め手。知識も深く、現場も見られるオールラウンダーであり、立ち止まらない向学心の持ち主。入社後、オガスタでも現場監督業務を担当していたが、設計担当にコンバート。
H26年2月に自邸が完成。「黒崎の家A」薪ストーブライフならおまかせ。

小林紘大
小林 紘大 コバヤシ コウダイ 二級建築士

S62年、新潟市西区(旧黒埼町)生まれ。

新潟工業高校。新潟大学工学部建設学科にて、地域環境学を学ぶ。
新潟大学,長岡造形大学と新潟工科大学の建築学生の有志団体で、合同の卒業設計展・「新潟三大学合同卒業設計展Sessen!2010 実行委員長」を務めた。
その企画力と行動力は学生の頃から注目をしていました。
老舗自然系ビルダーで3年監督をこなした経験があるので即戦力。
現在、一級建築士を目指して休日は学校に通い取得を目指している。
当面は幅広く経験を積んでもらうために、設計と工事の補佐と、社長の補佐をしてもらいます。

[建築部]

施工現場の管理/お見積り作成
波潟 靖
波潟 靖 ナミカタ ヤスシ 二級建築士 宅地建物取引主任者

S52年、長岡市生まれ、新潟市秋葉区(旧新津市)育ち。
新潟工業高校卒業後、中央工学校にて建築を学ぶ。
県内の工務店で木造住宅の設計管理ののちに、大手ゼネコンの管理会社にてメンテナンス担当していた。バランスの良いキャリアで、どんな現場でもこなせる実力派。
実はアパレル経験もあり、センスも良く、まっすぐなキャラで人当たりもよい。
H23年1月に自邸が完成。「結ぶの家」

小林 秀昭 コバヤシ ヒデアキ 二級建築士 

S52年、新潟市北区(旧豊栄市)生まれ。

新発田南高校の建築科卒業後、自然系大手の住宅会社で長らく監督を務めてきたので、年齢的には若い彼だが、身に着けた実務キャリアと知識は絶大。冷静に最善手を考える習慣を身につけている印象です。

大きめの会社に安住して幹部となればいいのに(笑)建築的な面白味を求めてオーガニックスタジオ新潟へと参加してきました。その辺が彼なりの正直な人生なのでしょう。思う存分持てる力を振るってほしい。

また、波潟との2人体制の現場管理へとなり、抜群の安定感が出てきて頼もしい限りです。

家庭では3児の父親で、そう遠くない頃には建て替えたいなと申しております。

山田 剛
山田 剛 ヤマダ ツヨシ 一級建築士

S62年、津南町生まれ。

十日町総合高校。新潟大学工学部建設学科卒。
県内大手のリフォーム会社に就職し、若いながらもリフォームの現場管理で一番の完工高を上げていたが、本格的に建築的な仕事をしたいとの希望でオガスタ新潟に転身してまいりました。
リフォームにおける県内屈指のエキスパートであるが、新築トータルの知識はまだまだのため、当面は監督補佐をしながら修行を積んでもらいます。
もし、リノベーション事業を再開した場合、彼ほど適任な人間はいないだろう。
豪雪地帯出身ならではの、コツコツ努力して、着実に成果を出すタイプの男。現在、1級建築士の受験中。同い歳の小林紘大君と、いい意味でライバル関係になり、互いに切磋琢磨して成長してもらいたいと思います。

[総務経理部]

総務/経理/広報/不動産サービス
高橋 麻衣子
高橋 麻衣子タカハシ マイコ 宅地建物取士

S58年、新発田市(旧加治川村)に生まれる。

新発田南高校、東洋大学文学部卒。

卒業後は、横浜でマンション販売会社、都内で大手マンション管理会社に勤務。

東京で働きながら、新潟へのUターンを考えるようになり、情報収集をしている際に見つけたオーガニックスタジオ新潟の社長ブログ。そんなご縁でのオガスタ新潟の紅一点。

かなり社交性が高く、自主的に仕事をつくっていく意欲があるので、単なる事務員ではもったいない。イベント企画や、お客様の土地探しもサポート。もちろん、打ち合わせの時の子守りもお任せ。

設計協力[一級建築士事務所 ma]

1級建築士事務所 ma 山下真
山下 真 ヤマシタ マコト 一級建築士

新潟大学の建築学科の在学中「りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館」「水の公園 福島潟 遊水館」の建築模型の製作に参加。その後、市内の大手設計事務所勤務時代は、「東北電力ビッグスワンスタジアム」の植栽計画も担当。H21年に独立し、設計事務所を開設。私の身近では最も建築博学で、知恵袋的存在。ひょうひょうとしたキャラで、フリーにいろいろな設計事務所に出入りできるのが持ち味。キーワードは落語とラテンアメリカ。「好きこそものの上手なれ」で、プランに触れたことのある方はご存知か、ご要望をまとめ上げるプランニング能力は白眉。

10年後の新潟の建築を語る上で外せない、5本の指の一つになろうと私は睨んでいる。

※ 全て代表のつぶやき形式で紹介いたしました

メディア履歴

【一般書籍】WEEK 2017.3月号

《住宅特集》
「内野上新町の家A」紹介記事(4ページ)掲載。

【一般書籍】ハウジングこまち vol.23 2016 冬・春号

《住宅実例集》新潟で建てた家 77軒
「紫竹の家B」紹介記事(4ページ)掲載。

【一般書籍】sumica vol.2

《表紙・巻頭特集》With 4つの住まい物語  ~アートと暮らす~ 
「山木戸の家B skech&note」紹介記事(6ページ)掲載。
《住宅実例集》自然素材
「小張木の家」紹介記事(2ページ)掲載。

【業界誌】北海道住宅新聞 2016.8.25

工務店の未来を拓く
7月に行われた、「全道住宅セミナー」の様子が掲載。

【一般書籍】ハウジングこまち vol.22 2016 夏・秋号

《表紙・巻頭特集》自然をとりこむ暮らし
「柳沢の山荘」紹介記事(6ページ)掲載。
《住宅実例集》新潟で建てた家 85軒
「中曽根の家B」紹介記事(4ページ)掲載。

【業界誌】新建ハウジング 2016.3.20号

・PHJ主催のエコハウスアワード2016の大賞受賞
・飯塚豊氏とのコラボ企画

【一般書籍】 日経アーキテクチュア 40号 2016.6.9号

《表紙・巻頭特集》住宅特集「省エネを極める」
西方設計×オガスタ新潟「信濃町の家」 掲載

【一般書籍】 建築知識ビルダーズ 2016 Summer no.25 

西方設計×オガスタ新潟「信濃町の家」 9ページ掲載

【一般書籍】住まいnet新潟 vol.21

「さつき野の家」紹介記事(4ページ)掲載。

【一般書籍】ハウジングこまち vol.21 2016 冬・春号

《住宅実例集》新潟で建てた家 73軒
「五十嵐の家F」
紹介記事(4ページ)掲載。

【一般書籍】月間にいがた 2015.12月号

こんな家に住んでみたい!「赤塚の家B」が掲載。

【業界誌】YKKaPメディアレポート 2015.9月号

相模社長のインタビューが掲載されました。

【業界誌】新建ハウジングプラスワン

2015.9号から、8号にわたり連載がスタート。

【一般書籍】 新潟で建てた家154軒

弊社事例を6件掲載掲載。

【一般書籍】ハウジングこまち vol.20 2015 夏・秋号

《住宅実例集》新潟で建てた家 79軒
「程島の家」
紹介記事(4ページ)掲載。

【新聞】北日本新聞 2015.2.7朝刊

YKKAP主催の富山での相模社長の講演の様子が掲載されました。

【一般書籍】ハウジングこまち vol.19 2015 冬・春号

《住宅実例集》新潟で建てた家 76軒
オガスタ・波潟監督邸「結ぶの家」
紹介記事(4ページ)掲載。

【一般書籍】月間にいがた 2015.6月号

建築士にフォーカスした記事にて阿部が紹介されています。

【業界誌】新建ハウジング vol.672 2014年11月10日号

相模社長が理事として就任したPassive Window Japan 発足の設立総会の記事が掲載されました。

【業界誌】新建ハウジング DIGITAL版 2014年10月16日

新社屋の建設が記事として取り上げられました。
記事:オーガニックスタジオ新潟、超高断熱な新オフィスを建築中

【一般書籍】月刊komachi 2014/8/25発売号

《特集》casa komachi ニイガタライフスタイル 「自分らしさを楽しむ暮らし」
「四季の移ろいを楽しむ庭のある暮らし」
O邸「内野の家B」
紹介記事(2ページ)掲載。

【一般書籍】ハウジングこまち vol.18 2014 夏・秋号

《住宅実例集》新潟で建てた家 80軒
「風情と性能を両立したハイスペックな現代の町家」
I邸「茜が丘の家」
紹介記事(2ページ)掲載。

【一般書籍】住まいnet新潟 vol.17

《巻頭特集》暮らし 楽しい 住まい
S邸「9坪ハウス」
紹介記事(6ページ)掲載。
《誌上で完成内覧会 新潟の住宅実例集》
モデルハウス紹介記事(4ページ)掲載。

【一般書籍】リフォームこまち vol.1 創刊号

《巻頭特集》劇的!リノベーション
S邸「栃尾の家」
紹介記事(6ページ)掲載。

【業界誌】新建ハウジング vol.644 2014年1月30日号

キーマン100人のメッセージ 変えよう!ニッポンの家づくり
[2014年の住宅業界とつくり手へのメッセージ]

代表の相模のコメントが掲載されました。

【一般書籍】ハウジングこまち vol.17 2014 冬・春号

《住宅実例集》新潟で建てた家 81軒
O邸「五十嵐の家C」
紹介記事(2ページ)掲載。

【ラジオ】FMPORT Four seasons 2013.9.25放送

「ソトカラ」のコーナー
モデルハウスにて佐藤亜紀さんによるインタビュー

代表の相模がナナカマド後藤奈々がさんとともに出演させていただきました。
ナナカマド陶芸教室の様子と合わせて、ご紹介いただきました。

【一般書籍】ハウジングこまち vol.16 2013 夏・秋号

《住宅実例集》新潟で建てた家 80軒
W邸「学校町の家」掲載。
紹介記事(2ページ)掲載。

【一般書籍】ハウジングこまち vol.15 2013 冬・春号

《巻頭特集》1000万円台で建てた感動の家

M邸「浦山の家」が取材を受けました。
紹介記事(6ページ)掲載。

《住宅実例集》新潟で建てた家73軒
K邸「青山の家」掲載。
紹介記事(2ページ)掲載。

【一般書籍】新潟で建てた家101軒 (ハウジングこまち別冊)

W邸「赤塚の家」が再掲。紹介記事(2ページ)掲載。

【広報誌】東北電力リーフレット

「ヒートポンプのある暮らし」の普及促進のため、

モデル事例として「小張木の家」が採用されました。
東北電力のショールームや各種イベントの際に利用されるそうです。

 

【広報誌】新潟県「林業にいがた」NO.718

「なぜ、住宅に越後杉を使うのか?」
代表の相模の寄稿が掲載されました。

【広報誌/TVCM】新潟県「ふるさと越後の家づくり事業」

弊社では全棟利用している「越後杉ブランド認証材」。
県の利用促進のためのパンフレットの表紙に
「浦山の家」「大栄町の家」の写真が採用されました。

2012.11~ TVCMも朝7時台の民放4局でオンエア。

【ラジオ】FMPORT Four seasons 2012.6.5放送

「ソトカラ」のコーナー
代表の相模が出演させていただきました。

「程島の家」にて仮谷和代さんによるインタビュー

【一般書籍】ハウジングこまち vol.13 2012冬・春号

《巻頭特集》光と風と土のある家

W邸「赤塚の家」が取材を受けました。
紹介記事(6ページ)掲載。

【一般書籍】 建築知識ビルダーズ 2011winter No.07

≪第一特集≫「優秀工務店の必殺技を大公開」闘う集客
記事内の事例として取材を受け、社長ブログも紹介されれました。

【ラジオ】FMPORT MORNING GATE 2011.8.17放送

「サークルM」のコーナー

代表の相模が出演させていただきました。
ナビゲーターは遠藤麻理さん。

客員講演・セミナー履歴

2015.11.18 家づくりの未来を考えるミライセッション2015「工務店広報サミット」

ジャパンホームアンドビルディングショーの新建ハウジング社のブースで開かれたセミナーでパネラーとして登壇、「工務店のこれからのマーケティングを考える」ということでプレゼンと対談を行いました。

2015.11.12 東北電力「省エネ住宅セミナー」

東北の工務店向けに良質な住宅を提供し続けるために役立てて頂けるよう企画されました。

2015年 YKKAP(株)ビルダー様お役立ちセミナー

主催:YKKAP株式会社
弊社が標準採用させていただいているYKKAP社の進化し続ける“窓”の魅力を紹介し、温熱の重要性と快適な住宅つくりをテーマに講演をさせていただきました。
1/22 YKKAPショールーム品川
1/23 山梨県地場産業センター かいてらす
2/ 5 福井新聞社 風の森ホール
2/ 6 オークスカナルパークホテル富山

4/14 イオンモール高岡 2階イオンホール
5/19 石川県地場産業振興センター コンベンションホール
6/23 水戸プリンスホテル 2階大会議室
9/ 1  静岡県コンベンションアーツセンター グランシップ
9/17  愛媛 APWフォーラムにて
11/5 山形ビッグウィング

2015.1.29~30 工務店の工務店による勉強会

工務店向けに「床下暖房&工務店経営」勉強会を弊社で開催。
全国でも指折りの優秀工務店と称されるところから、設立したばかりの工務店まで、全国から18社が集まりました。

2013.5 新住協総会 勉強会(新住協会員業者向け)

主催:NPO法人 新木造住宅技術研究協議会(新住協)
西方里見先生とともに勉強会で講師をさせていただきました。

2012.11 家づくりセミナー(地域工務店・建築業者等向け)

主催:ふるさとの木の家づくり協議会
(構成団体:ぬながわ森林組合、建築組合連合会糸魚川支部、糸魚川三地区工務店連絡協議会、越後杉ブランド組合、
糸魚川木材連合会、糸魚川市、糸魚川地域振興局)

2012.7 巻ライオンズクラブ第1134回例会

主催:巻ライオンズクラブ
相模の地元・巻ライオンズクラブにて例会ゲストスピーチをさせていただきました。

2009.9 経営者セミナー

主催:建具組合連合会 新潟支部総会
建具連合会会員様に向けた、マーケティングセミナーにて講師をさせていただきました。

スタンダードモデルハウスのご案内

オーガニックスタジオ新潟の考える「いちばん普通の家」をお見せしたい。
そんな想いを形にしたのがこのスタンダードモデルハウスです。
見学ご希望の方は、事前にご予約のうえまずは事務所までご来社ください。

  • 何十年後も通用する普遍性・スタンダードさ :
    デザインとしては古びていくものであってはならない。何年も変わらぬ普遍性が欲しい。自然素材を品よく使い、自然でシンプルなデザインです。
  • 新潟らしさの追求:
    新潟県産杉の利用にとどまらず、新潟県の作家の作品をインテリアに取り込み、「メイドイン新潟」ともいえるほっとする空間を体現しました。
    また、新潟人の悩みである、冬の洗濯事情への改善策を盛り込みました。
  • 本当に快適な家にする:
    快適な家 =素材×空間×断熱性能
    自然素材を品よく使い、人間の心理をふわっと高揚させる気持ち良い設計をしています。
    そして、温熱環境も科学的に。次世代省エネ基準の1/4の暖房エネルギーで済むほどの超高性能。夏の洞窟のような涼しさと、冬の床下暖房の気持ちよさを体感してもらいたい。

 

ギャラリー

写真ギャラリーはこちら

1階打ち合わせスペースオーガニックスタジオ新潟が考える「いちばん普通の家」を体感できる空間です。実際の素材感やスケール感を手で触れ、眼で視て、肌で感じていただくことができます。

内観

2階ギャラりー
我々の住宅の新たなキーワード。それが「クラフト」です。クラフトとは「職人の手仕事」のこと。
大工の造作・左官の塗り壁。 良い住宅は全て手仕事から作られます。
その想いの延長から、2階スペースを「新潟のクラフト作家の発信基地」としました。
クラフトベース作家
≪ 出 展 ≫   ※写真左から
愛着工房いしかわ(家具補修・製作)
ゲイミンカン(家具製作)
長谷川 由香 (染付磁器)

2階ナナカマド

ナナカマド  ナナカマド・後藤 奈々(陶芸)
クラフトベースの一環として、2階の寝室部分にあたるスペースには、人気陶芸作家・後藤奈々さんの工房が移転しました。
こここで奈々さんご本人とお話ししながら、陶器の製作を依頼したり、展示作品をお求めになることも可能です。
毎月 第2・第4水曜   陶芸教室を開催しています。

奈々メール

モデルハウス見学ご希望の方は、事前にご予約のうえまずは事務所までご来社ください。車で1分ほどの距離で、ご案内いたします。 お電話:025-201-6611

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
検討土地などの情報をお持ちいただけるとスムーズです。 【ご夫婦、ご家族でのご参加歓迎】家づくりに対する意志の統一にも有益です。 【ご予約制】見学はお気軽にご連絡ください。
オーガニックスタジオ新潟(株)
オーガニックスタジオ新潟株式会社
〒950-1101 新潟市西区山田3077 TEL 025-201-6611 FAX 025-201-6612