facebook
twitter
instagram
line
youtube

壁紙で珪藻土と寒水石が使われた壁紙に、「無機質系壁紙」と書かれていました。何か良さそうな感じでしたが、実際どうなのでしょうか?無機質系壁紙について教えてください。

  内装メーカーより「環境対応」型の壁紙(クロス)としてだされている「無機質系壁紙」とは、素材が石や土、金属やガラス繊維などを主素材としてつくられているものです。素材を活かした個性的な雰囲気をだせるものも中にはあります。 ビニルクロスと比較すると、珪藻土クロス・和紙クロスなど素材が繊細なものは、下地処理がきちんとされていないと仕上げたときに不具合が目立つなどデリケートな部分もありますので、繊細な材料であるという認識も必要だと思います。無機質系の壁紙ですが、使われている素材から自然素材を使ったものといっても良いと思います。若干ですが、ビニールクロスに比べて継ぎ目が目立ちやすいですおおむね、は自然素材を感じるものが多いので、たとえば人工照明を当てても照り返しが少なく、しっとりとした上質な空間に仕上げるには良い素材だと思います。珪藻土クロスには、調湿性を謳ったものがありますが、実際には厚みが少ないので、果たしてどれくらいが期待できるかは難しいのです。

住宅無料相談 モデルハウス見学予約