自然素材の家で暖かく暮らす

オーガニックスタジオの社長が教える

家づくりの知識

HOW TO YOUR OWN HOUSE

オガスタは実はコスパがよい

ハウスメーカーの一棟単価 9月に新建新聞社の三浦社長と、大宮でAPWフォーラム…

お金

全館暖房は、家じゅう同じ室温にしなければならない?

① 全館暖房は、家じゅう同じ室温にしなければならない? は誤解 全館暖房という…

全館暖房は部屋ごとの温度を調整できない?

全館暖房は部屋ごとの温度を調整できない? 我々のお客様の入居後のアンケートから…

住環境・健康

家づくりの特徴

CHARACTERISTICS

自然素材を品よく使う

日本の近代建築の父であるA・レーモンドは、「自然は人工より美しい。」と、自然主義を提唱しました。

我々もその気持ちは同じです。本物の木材を使うのは単純に「美しい素材感」が好きだからです。その素材のもつ肌触り、床の足触りの気持ちよさ。そして、香り。住む人の五感をくすぐり、ストレスのない空間を作り出すには自然素材は重要です。
もともと「休む」という漢字は、木と人とがともにある状態を表現したものです。帰ってくると心の安らぐ家。そこにいるときもちのいい家にしたいものです。

エコハウスで快適・経済的

近年の気候変動の猛威は増すばかりです。
人類の未来のために、地球温暖化をくい止める必要があります。
そこで、地球環境にやさしい住宅である「エコハウス」が求められております。
エネルギーを多く使う家は、そのエネルギーの元となっている石油や石炭という化石燃料をより多く燃やし、発生するCO2が温室効果ガスとなって地球を温めます。
「エネルギーをなるべく使わない住宅」か どうかが基準となります。

庭と一体の設計

住宅の外観の雰囲気を一番左右する要素はなんでしょうか?
それは外構(エクステリア)です。
ありきたりの家屋でも、庭の植栽や塀などの構えの印象のおかげで、住む人の教養や品位が感じられ、良い雰囲気を行き交う人に与えます。そんな「佇まいのよい住宅」は好ましく思えます。

メディア掲載実績

MEDIA