facebook
twitter
instagram
line
youtube

 自然な外構計画のポイント整理

外構計画のセンスを磨くには?

住宅設計者がだれでも外構計画がうまいとは必ずしもいえない。
実際に外構計画は、家とセットで演出するかの知識でもあるし、樹種の知識も必要で、住宅設計とは別の脳みそを使う必要があるからです。
だから「外構好き」にならないと、なかなか上達しないようです。一定規模の住宅屋であれば最終的な外構計画を専門スタッフに集約させるのが現実的な対応でしょう。
または、社内で対応が難しい場合、趣向性の合う外構デザイナーに外注するのがよろしいかと思います。大手の場合は外部と契約しているケースが多いように見受けられます。

オーガニックスタジオ新潟社長の奮闘記 │ おーがにっくな家ブログ

我々の外構計画で心がけていることをご紹介します。

この記事はオガスタ会員様限定です。
続きを読むには会員登録をお願いします。

まだ会員になっていない方はこちら

新規会員登録
相模 稔

相模 稔

オガスタの社長。 工務店経営のほか講演活動なども行う。 アメブロ「おーがにっくな家ブログ」もよろしく。

住宅無料相談 モデルハウス見学予約