facebook
twitter
instagram
line
youtube

最初にやるべき住宅計画は資金計画

 最初にやるべき住宅計画は資金計画

住宅の良し悪しや、空間の質を数字に表せることは不可能です。
しかし、お金は簡単に数字にして計算できます。さらに、資金計画に対する情報も簡単に入手できます。だから、住宅計画の中で、最も簡単なのは資金計画です。

お金で建築の内容が制限されます。
山ほどやりたいことがあっても、資金の範囲でしかかなえられません。
だから、まず自分にとって適正な支出がどの程度なのか決めることが最初にすべきことです。

だから、家づくりにおいてまずすることは、自分たちにとっての資金調達力。つまり、
自己資金+借入額=資金調達。を最初に把握することです。

逆からやってはいけません。

逆というのは支出額です。つまり、
土地取得額+住宅建築資金+その他費用=支出総額。です。

具体的にはいきなり土地を探したり、住宅展示場巡りをしたりするのはやめたほうがいいですよ。ということです。

資金計画をしないでプランをつくるに至っては危険です。
どんな人でも、夢を大きく膨らませるのは気分がよいもの。それが、はじけることは非常に惨めで、味わう必要のない挫折感で自尊心が損なわれます。
だから、まずは資金計画です。

プロへの相談をお勧めします。

お客様が 最初におっしゃる予算というのも、感覚的におっしゃるケースがあるので、現実的に妥当かどうかは摺合せが必要です。
例えばxxx万円が適正とよその住宅営業に言われて萎縮していたけどプラス400万でも十分可能だったというケースもありました。
また、その逆でxxx万円借りられますよと営業マンに言われて動き始めたが、実は車のローンの残りがあって必要金額は借りられなかったというケースもあります。

教訓としましては、若造の住宅営業マンの電卓を信用しないことです。

FPによる資金相談での注意

また、フィナンシャルアドバイザー(FP)に相談する方も近ごろは増えてきましたが、ライフプランにのっとった家計のリスクヘッジと蓄財についての適切なアドバイスがもたらされるなら良いことだと思いますが、

彼らのコンサルの目的は、あくまでその延長に自分の商売がありますから、言われるが保険商品の乗換に応じて、保険貧乏にされないように、 主体性はしっかりおもちなさったほうがいいと思います。

銀行の事前相談は、専門窓口をおススメ

そして だんだんと自分たちの資金計画が見えて来たら、本当に検討している融資額が受けることができるのか、銀行に事前相談・事前審査を受けることが重要です。

その際には、近所の支店にはいかないで、ローンの専用窓口に行くといいです。
ローンは専門性が高いので、スタッフを厳選し土日も営業している専門店舗をがあります。

第四銀行なら、ローンプラザ。 北越銀行は、暮らしの応援ひろば。 大光銀行はローンスクエア。

だんぜん返答も早いし、営業時間も長いので行きやすいです。

オーガニックスタジオ新潟に相談する

個別コンサルティングのご案内・・・・・

資金計画はもちろんのこと 住宅関係の他の事柄も含めて相談を受けたい。
それであれば、もしよかったら 代表の相模がご相談に乗ります。

特に土日はふらっといらしても お客様と打ち合わせしているケースが多いので予約は必須と思ってください。

 

相模 稔

相模 稔

オガスタの社長。 工務店経営のほか講演活動なども行う。 アメブロ「おーがにっくな家ブログ」もよろしく。

住宅無料相談 モデルハウス見学予約