facebook
twitter
instagram
line
youtube

蜜蝋ワックスのつくりかた

自然素材

手作りにこだわる蜜蝋ワックス

オーガニックスタジオ新潟の冬の風物詩といえば「蜜蝋ワックス」づくり。
事務所のストーブを用いてまとめて作り上げます。

蜜蝋ワックスは無垢材の魅力を引き出し、自然な艶を与え、汚れから守ってくれます。
無垢の床の仕上げに最適ですし、家具類にも使えるオールラウンダーです。

一般の方でワックスが欲しいなら、少量なので買ったほうがいいですが、自然系の住宅屋さんで無垢材を標準的に使っているならば、ワックス自社製作は必須じゃないでしょうか?我々の場合、年で一斗缶で2つ分のワックスをつくります。

材料レベルからすべて管理しているので、まざりっけなしの100% 赤ちゃんが口に入れても安全な植物由来の材料しか使っていないことが保証できます。

蜜ろうワックスの作り方

用意するもの:
① アルミ鍋 (1.5L程度の容量)
② 容器 (100均などでタッパを買う)

この記事はオガスタ会員様限定です。
続きを読むには会員登録をお願いします。

まだ会員になっていない方はこちら

新規会員登録
相模 稔

相模 稔

オガスタの社長。 工務店経営のほか講演活動なども行う。 アメブロ「おーがにっくな家ブログ」もよろしく。

住宅無料相談 モデルハウス見学予約