facebook
twitter
instagram
line
youtube

室外機の氷雪対策

「西川の家」にメンテナンスでお伺いしました

2年点検後の建具調整。

背の高い障子の建付けを、削って調整しています。

室外機の凍結

「西川の家」は西側が田んぼで強風が吹きつけます。

室外機は東側。軒の出は70センチ程度でています。

それでも風が巻き込んでくるのか、雪が室外機周りにたまっていました。

上が床下エアコンの室外機。このエアコンは霜とり運転中も暖房を停止しない上位機種。

下がエコキュートの室外機です。エコキュートの室外機にも霜とり運転機能は

ついていますが、氷雪が残っています。

室外機は、ユニットの裏側から空気を吸い込み、正面側から排気します。

ここが雪などで詰まってしまうと、効率が落ちてしまいます。

冬季における室外機の注意点

室外機自体が空気を吸い込んでいますので、若干雪などがくっついてしまうのは

仕方ないと思います。

溶かすための霜とり運転機能もついています。

ただし風が巻き込んできたりと、雪がもろにあたるようだと吸い込み口に大量の

氷雪がついてなかなか溶けません。

対策としては、室外機の囲いをつくる。

囲いは、室外機の裏に雪が入り込まないよう屋根を作る。

また、横からの吹き込み防止として、ルーバー材など通気を

妨げないようなもので囲ってやる。

正面は吹き出しているのでオープンのままで良いでしょう。

それに加えて、室外機の周りが雪で埋まってしまわないよう

除雪してください。

↓OB様自作の室外機囲い

↓横にも氷雪がつくようであればルーバー材で防護すると良いでしょう

弊社であらかじめ室外機の囲いを作る場合もあります。

風の当たり方など住んでみて分かることもありますので、

氷雪ががっつりついている、室外機が雪に埋まってしまう、

といったお宅はご相談ください。

山田 剛

山田 剛

設計部/一級建築士

住宅無料相談 モデルハウス見学予約