facebook
twitter
instagram
line
youtube

【山形建築巡り】世界最大の木造音楽ホール「南陽市文化会館」

koudaiです。

先日、山形へ行ってきました。通称「なんようホール」

南陽市文化会館は、山形県南陽市にある世界最大の木造の音楽ホールです。

2015年竣工し、木の音楽空間といわれています。

見学当日は、あいにくの雨でした///

 

特徴は、山形県の山の木を使い、木造でつくられいること。

最先端の耐火技術と構造技術により、ダイナミックな空間が実現しています。

断面のモックアップが展示してありました。

ギネス記録に認定!

大ホールは2015年12月21日にギネス世界記録「最大の木造コンサートホール」に認定されました。1403席座席があるそうです。

事前に予約し、担当の方から案内をしてもらいました。

平面構成もおもしろい。

このホールを建築するために、莫大な量の杉の木が使われ、材木の供給側の経済に大きく貢献したそうです。森林の維持するために、森林を守る人を食べていくための起爆剤でした。

気になったのは、維持管理です。これだけの空間を冷やしたり温めたりするためのエネルギーもかかりますし、コンサートがない平日の利用の稼ぐ仕組みも考えなければなりません。建築の質問よりこの建物がどう使われて、稼いでいくのか質問したりしていました。

壁面にあったアーティストのポスターを見ると、有名アーティストのコンサートが開催され、思わずテンションが上がってしまいした。

■建築データ

南陽市文化会館

所在地 山形県南陽市三間通430番地の2

敷地面積 23138㎡

延床面積 文化会館棟 5900㎡

着工 平成25年11月

竣工 平成27年9月

総事業費 66億8639万円

施設内容 大ホール(1403人)小ホール、展示ギャラリー、交流ラウンジ、ホワイエ、木育ひろば、練習室、和室、キッチンスタジオ、会議室等

駐車場 400台

koudai

 

住宅無料相談 モデルハウス見学予約