facebook
twitter
instagram
line
youtube

グラウンドカバーの枯れ状況比較

寒くなると緑が減って寂しいなぁ・・・

12月初旬。

落葉樹は落葉し、木々は冬の装いとなってきました。

これはこれで季節の風景なんだけれども、

緑が減るのは寂しいと感じる今日このごろです。

グランドカバーの枯れ具合比較

広い面積をカバーするグランドカバー。

気温の低下とともに枯れ、春にはまた芽吹くはずです。

種類による枯れる速度(耐寒性?)を比較。

12月3日現在。最高気温は12.7℃、最低気温は2.3℃。

【イワダレソウ】

6~7割枯れたという感じ。

平面に広がる力が強く、三川石を覆っています。

 

【タイム】

1割くらい枯れてきたか・・・

それでもまだ青々としています。

 

【ダイカンドラ】

これも1割くらい枯れているか・・・

水平に這っていかないので、三川石敷きの目地を埋めるように生えています。

 

雪が降ってしまえば真っ白ですが、

少しでも長く緑を見ていたい方はご参考に。

山田 剛

山田 剛

建築部 現場監督 ヤマダくん アフターメンテ担当。みなさんのお宅にお邪魔します。 料理が得意。

無料個別コンサルティング モデルハウスに行く