facebook
twitter
instagram
line
youtube

「小須戸の家A」まもなく完成。

現場LIVE!
まもなく完成を迎える「小須戸の家A」
みんなで竣工勉強会をしました。
現場担当者、設計担当者と苦労した点などを共有しながら物件を隅々までチェック。
指摘事項の修正工事を終えたのちにお引き渡しとなります。
「小須戸の家A」は5人家族がおおらかに暮らせるシンプルな家を目指して設計しました。
延べ床面積は32.5坪と5人家族の家としてはかなりコンパクトですがちゃんと余裕がある。テラスもあるし、バルコニーもある。収納もちゃんとあるし、大きなスタディコーナーまでありんす。すごく暮らしやすい家になっていますよ。
夏ころには建て主さんとダイニングテーブルの板を見に行き、桐の板に決めました。
一枚板ならではの有機的なフォルムと桐の柔らかい表情が決め手のようでした。
桐は柔らかいので傷はつきやすいですが、板が十分に厚いのでいざとなったら削れる。
厚みが5cmくらいありますからね。
テーブルの脚はニタミデザインです。
テーブルの脚といっても、コスト、デザイン、素材、構造など総合的に考えなければならないので、実はすごく難しいです。しかも、テーブルの天板に大きく予算を割いてしまっているので脚の予算はわずか。そのなかでいくつも案をだし、建て主さんと何度もやりとりを重ね、納得いくものができあがりました。
その辺のお話はニタミレポートをお楽しみに。
阿部 誠治

阿部 誠治

設計部管理建築士 あべくん。 趣味は薪ストーブ&サーフィン。

無料個別コンサルティング モデルハウスに行く