facebook
twitter
instagram
line
youtube

「寺地の家」内部造作工事

「寺地の家」リノベーション工事の現在

「寺地の家」では、大工工事が山場を迎えています。

内部の造り付け家具を製作したり、階段をかけたりと・・・

大工さん、もうひとがんばりお願いしま~す!

既存の建具を利用する

今回は住み替えの計画です。

元々お施主さんが住んでおられたおうちには、今ではあまり見られない凝った作りの

建具がありました。くるいもなく、状態も良い。

暮らしの記憶を住み継ぐ意味もこめて、この建具を利用する計画としました。

南側大開口に、既存の雪見障子とランマの障子がはいります。

空調室をつくる

既存の建物は、階高の高い建物でした。

最初に現調した際、大きな小屋裏のスペースが使えると考えました。

非居室の天井高さを下げて、小屋裏を空調室として利用する計画です。

天井は、構造がそのまま仕上げであり、空調室の床でもあります。

そこに間接照明も組み込まれる計画です。

吸音天井

固い素材で仕上げられた部屋は、音がよく響きます。

適度に柔らかい素材や多孔質の素材を使用すると、反響をおさえられます。

今回は天井に吸音材を張り、吸音材のおさえ兼意匠として厚みのある杉材を張っています。

2間方向に水平に杉材を張ることで、流通材を利用しつつ継ぎ目のない意匠としています。

山田 剛

山田 剛

設計部/一級建築士

住宅無料相談