facebook
twitter
instagram
line
youtube

「五十嵐の家D」完成!お魚屋秋ちゃんをよろしくお願いします。

現場LIVE!
石川敬石川敬

8月上旬に上棟した「五十嵐の家D」、

11月末にお引渡しとなりました。

8月当時のブログが → こちら

 

昔からオガスタの板金工事をしていただいている方の住まいと、

その隣に奥さんが新たに開店するお魚屋さんを建てるという、

オガスタ史上初めてづくしの物件となりました。

 

サルキジーヌさんとの初コラボ

住宅は設計施工オガスタ。

お魚屋さんは施工はオガスタ、設計デザインはサルキジーヌという、

初のサルキジーヌさんとのコラボ物件でした。

店舗も多く手掛けるサルキジーヌさんから、

店舗ならではのノウハウをいろいろと教えていただき、

オガスタにはなかった素材感や色使い、デザインを学びました。

新潟市秋葉区にあるサル、キジ、イヌの謎の集団にご興味ある方、

ぜひ検索してみてください。

楽しみながら仕事をする建築デザイン集団「サルキジーヌ」。

 

住宅の見所!

住宅の見所は何と言っても、

外壁の黒塗装杉板の縦スノコ張り。

巾の異なるスギ板をランダムに隙間を空けながら貼ってみました。

初の試みでしたが、いつものスギ板押し縁仕上げと比べ、

表面の凹凸が少ないのでスッキリとした印象になりました。

このスギ板、施主さん自身で施工されているのですが、

ご主人のこだわりで、スギ板を留めている釘の鈍色の頭が目立たないよう、

奥さんが汗をかきながら、1個1個黒く塗っていた時には、大変驚きました。

 

店舗の見所①!

お魚屋さんの見所は何と言っても、床の色!

お客様が来店されるスペースの床は真っ赤に塗装しました。

コンクリートの上に6回ほど重ね塗りをして、

やっとこの赤さを出しています。

仕上がったときには、正直、本当にこの色でいいのだろうかと不安になりましたが、

奥さんの「今までにないお魚屋さんにしたいんです!」という言葉を信じて、工事を進めました。

 

設備等を置いて、いざ開店してみると、不思議と赤さが目立ち過ぎず、

店内の活気を演出しており、大正解の色味だったのではないでしょうか。

皆様もお店に行かれた際は、是非、足元にご注目ください。

 

店舗の見所②!

続いての見所は店舗入り口の、看板がある壁。

壁の仕上げはお魚屋さんにちなんで、

銅板金をうろこ状に折って、張り上げています。

これも施主施工。

銅板を四角く、1枚1枚手作業で折ってきて、

それを現場で張り合わせていくという、

とてつもなく根気のいる作業でしたが、

張りあがってみるとまさに魚の鱗。

板金の折り方は、ご主人に受け継がれている秘伝の書に記されていたそうです。

 

皆さんも間近でその仕上がりを見ることができますので、看板にもご注目ください。

※ 銅なので素手で触れるとその部分が変色してしまいます。

眺めるだけで触らないようにしてください。

 

お魚屋秋ちゃん、無事開店しました!

施主さんご家族のこだわりがつまりにつまった、

お魚屋秋ちゃん、12月14日から既にオープンしています。

 

無事にオープンを迎えることができ、私もほっと一安心。

昨日買った、キハダマグロとアマダイの刺身、最高でした。

他、鮭の焼き付けなど、加工された魚たちも豊富なので、皆様もお近くにいらした際は、

その晩の食卓に、一品いかがでしょうか。

OBさんたちも 『こちら』 を目指して、是非いらしてください。

よろしくお願いします!

 

石川敬

石川敬

建築部 現場監督 石川くん。山形出身。きっちり仕事します!

住宅無料相談