「浮洲町の家」内部鉄砲階段

山田 剛山田 剛

階段がつきました

「浮洲町の家」に階段がつきました。

今回は鉄砲階段。

鉄砲階段とは、階段途中で回ることなく、直線で上がりきる階段のことです。

階段を上がりきった先に、抜けと借景を用意しています。

蹴込のないストリップ階段。

階段があっても、空間を広く感じます。

階段デザイン

今回はいわゆるリビング階段。

メインの空間に、どぉ~んと階段がでてきます。

陰影のある空間にそっとなじむよう、かつ周りの素材に負けて見劣りしないようデザインしました。

側桁(踏板を支える横側の部材)は、ごつくなりすぎないよう極力細く、

かつ踏板を見せず納まるよう寸法を決めました。

石川監督にゴリゴリ無理を言って、無垢の1本の材で仕上げました。

それを大工さんが見事な技術でカタチにしました。

横から見ても上から見ても下から見ても、釘も掘り込みも見せず美しく仕上げています。

 

山田 剛

山田 剛

設計部 主任 /一級建築士 津南町出身。二児のパパでもあります。