facebook
twitter
instagram
line
youtube

設備機器の交換時期と金額について

今回は住宅設備の交換時期と費用のお話です。

ご存知の通り、住宅には様々な設備機器が設置されていますよね。
エアコン、給湯器、風呂、キッチン、換気扇、etc…

ぞれぞれがうまく機能して快適に暮らすことができるわけです。
新築時には全て新品なので意識することもないのですが、5年10年と暮らしていると
「ちょっと調子悪いかも…」
といった不具合を感じる事も出てきます。

では、それらの機器は実際にどれくらいのスパンで交換されるのか?

もちろん使用頻度によっての違いや、機械類は当たりハズレ(残念ながら)もあるため一概には言えないのですが、大まかな年数と費用は以下の通りです。


ここで注意していただきたいのが、これは機器の耐用年数(※1)ではないということと、
あくまでも一般的な事例と耐用年数を基にした目安です。

もちろん、取替えのタイミングはお使いになっている皆さんの判断となりますが、ほとんどの方は「壊れたから取り換える」ですよね。
なので、壊れる可能性が高くなる年数と思ってください。

(※ただし、火災報知器は電気が切れると作動しなくなりますので必ず取替えが必要です!)

つまり、何をお伝えしたいかというと、

機器類には当然ながら寿命があり、大体の年数と金額を把握して、その時の為に心理的・経済的な準備をしておくと慌てなくてすみますよって事です。

オガスタでもお引き渡しから10年を経過したオーナーさんが増えたこともあり、設備機器類の交換の問い合わせが多くなりました。
上の表にもある通り、まず最初に壊れる可能性が高いのがエアコンです。

今年の冬は特に寒さが厳しかったことが影響しているのか、昨年末から現在までにエアコンの取替え工事の依頼が数件ありました。

真夏や真冬にエアコンが壊れたとなると非常にキツイですよね。
それらの時期はエアコン業者が繁忙期という事もあって、工事実施まで時間が掛かるパターンも多いのです。
エアコンについては怪しいと思ったら早めの交換をお勧めします。

 

 

(※1) 耐用年数とは製造メーカーが定めた、製品が使命をまっとうする期間。
取扱説明書を見ると耐用年数の記載がありますのでご確認ください。

波潟 靖

波潟 靖

現場監督 アフターメンテナンス担当ナミさん 写真が得意。猫を飼い始めました。

住宅無料相談