STAFF BLOG

スタッフブログ

「下小中山の家」天井のディティール

山田 剛山田 剛

天井の仕上げ

「下小中山の家」の主室天井が仕上がりました。

ツガという木の羽目板張りです。

長尺もの(長い一枚の材料)を選定し、極力継ぎ目がでないよう計画しました。

照明のディティール

南側の窓は、床から天井いっぱいまでのびています。

この場合窓上に鴨居を通して、その上に間接照明を仕込むというテクニックは使えません。

(弊社モデルハウスの例)

美しくまとまっている天井・壁の調和を崩すような照明のつけ方はしたくありません。

そこで今回は天井にライティングレールを埋め込んで仕上げました。

埋め込まれることでレールと天井が一体化し存在感を消します。

ライティングレールなので、可変性の高い照明計画が可能です。

鴨居の納まり

主室にはタタミスペースがあります。

タタミスペースは障子で区切れる計画です。

横にスライドする建具は、スライドするために上下にミゾを必要とします。

ミゾと部材の厚さが天井の一体感を邪魔しないよう、鴨居も天井に埋め込んで納めました。

美しく仕上げる細かな工夫の積み重ねで、美しい空間が仕上がります。

計画を考えるのは私ですが、それを計画通り、それ以上に素晴らしく施工できるのは

大工さんの腕があってこそです。

細かく難しい施工指示に応えてくださる職人さんに感謝です。

外部仕上げ進行中

外部ではそとん壁の施工が完了していました。

表面の質感もよい~感じです。

上部は杉板を張る予定です。

進行が楽しみです。

山田 剛
設計部

山田 剛

設計部 一級建築士

になって
お得な情報をGETしませんか?

  • 家づくりに役立つ最新情報を無料配信
  • 会員限定人気記事を無料公開
  • 会員限定e-BOOKを無料公開
登録はです!