STAFF BLOG

スタッフブログ

床のラグの日焼けにご注意!

本日は敷物についてです。

床座の生活の場合、リビングにラグを敷いたり、

キッチンであればキッチンマットを敷くことがあると思います。

その際のご注意。

モデルハウスを例にご覧いただくと・・・

 

モデルハウスのリビングは、ラグ敷きの上にリビングテーブルを置いています。

ラグをめくると・・・

敷いていない部分と色の違いがあります。

色の違いについて、

・日焼けによる色の違い

・ラグを敷いていた部分のワックスの油分が切れている

 

上記2点が考えられます。

 

油切れしたら、追加でワックスを塗布しましょう。

敷物を敷いている部分はワックスが切れるのが早いようです。

(敷物の種類にもよると思いますが・・・)

ワックスが切れるとフロアの表面はガサガサになり、

汚れをはじかなくなるとともに、表面のガサガサがこすれて木くずが発生します。

 

キッチンマットは特に、水が飛びやすいところなので、

定期的にめくって様子を確認してください。

ワックスが切れているようでしたら、ワックスを塗り足してください。

また、フロアが長時間濡れた状態にならないよう、時折はがしてフロアを乾かしてください。

 

リビングのラグは、キッチンほど注意はいりませんが、忘れがちなところなので時折めくって点検してください。

 

敷物を敷かなければ、常に状態が確認できるので、なるべくフロアに敷物を敷かないことをお勧めします。

ですが、床に直に座ると固い、おしりが痛い、となりますので、敷物をご使用の際は時折めくって下を確認してみてください。

 

山田 剛
設計部

山田 剛

設計部 主任 一級建築士

になって
お得な情報をGETしませんか?

  • 家づくりに役立つ最新情報を無料配信
  • 会員限定人気記事を無料公開
  • 会員限定e-BOOKを無料公開
登録はです!