新築の家の南窓側にウッドデッキを考えています。ウリンと人工の樹脂とどちらが耐久性がいいのでしょうか。メンテナンスはどれくらいかかるものですか?

admin

  ウリンは デッキ材の最高峰です。 病害虫の多いジャングルの中で朽ち果てない耐久性。木材最強ともいえるでしょう。 デッキ面自体は水はけさえよければ無塗装で20年以上余裕で持つと思います。同様に「セランガンバツ」や「イペー」という南洋材も無塗装で長く使えます。 しかし、木材自体も高価であるので、もう少し値段の安くて耐久性もある「ウエスタンレッドシダー」や「ベイヒバ」などを用いて、キシラデコールなどの防腐保護材を塗れ、長く使えると思います。
私どもの場合は軒先に隠れる範囲で用いることを原則としております。雨に当てないのが一番確実であり、より安価な国産ヒノキでも十分長持ちします。
「人工の樹脂材」というのは最初は均質感があって見た目にはきれいに見えますが、紫外線で白化してきます。 劣化したあとの補修が効かないので使い捨てになることになります。

になって
お得な情報をGETしませんか?

  • 家づくりに役立つ最新情報を無料配信
  • 会員限定人気記事を無料公開
  • 会員限定e-BOOKを無料公開
登録はです!