facebook
twitter
instagram
line
youtube

vol.7 我が家の冬の楽しみ方

自然と暮らす

「豊かな人生を!」

この言葉は私が東京から三条へ引っ越すと決まり、送別会をしていただいた別れ際に、当時の職場の先輩から言われた言葉です。

その時はまだまだ未熟者(今もですが…)で、その言葉の上面な部分をすくい上げて聞いていただけだったと思います。だけど、その言葉がずっと心に引っかかり、そして今もなお、慌ただしく過ごしていく日々の中で、折にふれては、豊かさについて考えるきっかけになった言葉です。

この家に住み始めて初めての冬。

この年はなかなか雪が積もらず、まだかな。まだかな。と積雪を心待ちにしていた年だったと思います。

そしてついに待ちに待った朝、カーテンを開けて目に飛び込んで来たのは、あたり一面真っ白で素晴らしく美しい景色。正面には月がうっすら残って見えていました。それがより一層、神秘的な景色をつくりあげていました。

この家で初めて見た雪景色の美しさに本当に心から感動しました。

 

「豊かな人生とはこのことだ…」

口に出すとだいぶ気恥ずかしいですが、この時、自然とわき起こった素直な気持ちです。
この素晴らしい景色を見た瞬間…
ずっと心に引っかかっていたあの言葉がようやく腑に落ちた瞬間でした。

冬の庭は、プライベートゲレンデに

冬、
雪でまっさらになった我が家の680坪の庭は、広々とした嬉しいプライベートゲレンデになります。

この時はスノーシューを履いてラッセルしないと進めないくらい、雪山のような積雪量となったのですが「やったー!かまくらが作れるー!」と一番喜んだのは、もちろん子どもたち!
……ではなく夫です。

我が家では何かにつけ、子どもよりも大人の方が遊びに夢中になってしまうことが多く、猛吹雪の中せっせとかまくら作りをしている夫に「もう少し雪が弱くなってからにすれば?」と言ったところ、

「今のうちにカタチを作っておくと、上に雪が積もって表面がならされるから、キレイなかまくらができるんだ!」

とのこだわりよう。

その甲斐あって、ムスメも大喜びの雪がこんもり可愛いかまくらが出来上がりました。

夜はウッドデッキからかまくらまでの道をろうそくでライトアップして、かまくらの中であったかいスープを飲み、「記録的大雪!」とテレビが賑っていたこの日をキャンドルナイトで和やかに楽しみました。

雪のシーズンに楽しみたいことは他にも山ほどあります。

雪中キャンプもしかりです。

プライベートゲレンデなのをいいことに、雪上にテントを張って、泊まったり、ストーブを入れてリビングを作り、そこで夕食を楽しんだりしていました。

ある日、庭にテントを張ったまま買い物に出かけ、
帰ってくると、庭のテントがこつ然となくなっていて慌てた。
なんてこともあります。

その日は天気のよい日で思っていた以上に雪溶けが早く、テントを固定していた杭が緩んでいたところを突風に煽られ、テントが飛ばされてしまっていたのです。

道路に落ちていたテントを、再び飛ばされない様に数人がかりで運び、邪魔にならないところにくくり付けて下さった近隣の方に、後日お詫び行脚したのは苦い思い出です。

子どもたちの毎年の楽しみは、雪かき氷。

ムスメは、初めての年の冬、スーパーにかき氷シロップが売っておらず、冬に手に入らないことを学習し、今では夏の間に冬用のシロップを買い置きしておくという念の入れようです。


雪を使ったお菓子でいうと、今年の私とムスメの楽しみはもうひとつ。
絵本を読んでいて知った、砂糖と水を煮詰めたシロップを雪の上にたらして好きなカタチに冷やし固めるベッコウ飴作りを楽しみにしています。

冬の森の散策

冬の楽しみは庭だけにとどまらず、我が家は嬉々として近くの森へもでかけます。

雪が積もると森の中の階段はすっかり姿を消し、そりで滑るのにちょうどいいコースになります。


そり滑りを楽しんだ後は、サンドバゲットと煮込み料理で雪中ピクニック。


雪が積もることで見えてくる動物の足跡は、普段はなかなか見られない野生動物の存在を身近に感じることができる瞬間です。

通勤通園となると、やっかいな雪ですが、
雪国でしかできない冬の楽しみが新潟にはたくさん詰まっていて、以前よりずっと季節を色濃く感じることができるようになりました。

ムスメは夏には冬を思い出しては雪遊びを楽しみにし、
冬には夏を思い出しては水遊びを心待ちにします。
それぞれの季節の良さや楽しさを知っていて楽しみにしていてくれるのが嬉しいです。

「豊かな人生を!」と言葉をかけて下さった先輩に再会したら真っ先に「豊かな人生がどんなことか解ってきました!」と伝えたいな。
と、いつか再会できることを楽しみにしている私です。

 

りえ

りえ

三条の山裾680坪の広大な敷地の小さな山荘に暮らす30代主婦。夫はアウトドアメーカー勤めの、おっとり系アウトドア派。2人のこども、2頭のヤギで繰り広げる、新潟の四季と暮らす生活を綴ります。

無料個別コンサルティング モデルハウスに行く