facebook
twitter
instagram
line
youtube

軒ゼロのデザイン住宅に注意せよ!

住宅設計

軒ゼロ住宅のリスク①・・・雨漏りリスクが5倍

日経ホームビルダーの2016年12月号のタイトルは、

「それでもやる? 軒ゼロ住宅」です。

これが さすが技術の日経HBと納得の内容だったのでご紹介したいと思います。

 

 

 

日本住宅保証検査機構(JIO)が雨漏り事故の調査結果をまとめると、

軒が無い場所で、トラブル発生確率が5倍になっていたことが判明した。

 

リスク5倍と言ってもわかりにくいでしょうから、例えるなら、

後部座席に乗っていて、シートベルトつける人と

つけない人の死ぬリスクの差と同じだとのこと。

 

 

 

特に片流れ屋根で軒を無くした家が、突出して事故が多く、

棟の部分の漏水が目立つ。

 

 

 

JIO常務の西山氏の証言

「大都市圏で軒無しデザインの住宅ばかりを分譲し、その半数以上で雨漏りを連続して発生したケースがあった。雨漏りを大量に起こした住宅屋はその後、ほぼ例外なく倒産している。」

 

軒ゼロデザイン住宅ばかりを施工してもほとんど事故を起こさない会社も存在する。

こうしたところは、社内の設計ルールの運用を確立し、運用しているのだろう。

しかし、旧来の住宅は軒を出していたので、壁の雨が当たることも減るのだが、

軒を省くと壁全体が雨にあたることが増え、窓周りからの漏水リスクも増す。

 

 

防水を建材の防水性能に依存すると、10年以上の長期スパンで考えると、

施工上の細かい瑕疵や、経年変化の収縮などで、雨漏りリスクは避けられない。

設計段階で雨仕舞を考慮し、軒の寸法を確保するのが本来の姿だ。

 

松尾和也さんのコメント。FBより:

「軒ゼロ住宅は若手建築家ほど・・・都会に行くほど多くなります。きちんと雨漏対策、劣化対策がなされていれば問題ありませんが、私が知る限り、軒ゼロをやっているところで、防水、劣化対策の両面がきちんとできている住宅会社はほぼゼロに近いと思われます。」

としたうえで、

「軒ゼロをやるのであれば「ゼロ軒用のハウゼコセット」を関係部位に使うことを徹底するくらいのことは最低限度だと思います。そうしておかないと売れるのはいいが、結局お施主様にもご迷惑をかけるし、補修工事で手間と時間が取られるのは工務店になるのです。」

 

 

雨漏りってのは重大な瑕疵(欠陥住宅)に該当するので、10年間の長期保証となるし、

補修費用が大きくかかる。

手間とお金がかかるのに耐えられず倒産ということになれば、

デザインごっこは お客様も従業員も取引先も 家づくりにかかわる全員に迷惑が及ぶこととなる。

軒ゼロ住宅のリスク②・・・北方型住宅に軒が無いケース

都心の狭小地など、敷地条件によっては軒ゼロを余儀なくされるケースもある。

札幌市近郊の住宅においては、隣地に雪が落ちないように、

条例によって、事実上、軒無しにせざるを得ないエリアも存在する。

(札幌近郊の住宅街の風景。

まずはっきりさせておきたいのが、

しっかりと対策しているところは、雨漏りはないようです。

今回の日経HBの記事を意識して、

西方さんがコメントを載せた。 FBより。

「Real ZEH・Q1住宅モデル能代(自邸)は庇が無い。

私の事務所も庇が無く25年経っている。が、雨漏りは無い。

他に多くの庇が無い家を設計している。が、雨漏りは無い。」

とおっしゃっていました。

我々も西方流の断熱材の充てん工法を中心に施工しているが、

高性能化により断熱材の厚みがかなりある。

傾斜天井の場合は、屋根の垂木間へ充填することが基本です。

2x10材の高い垂木に200㎜の断熱材を充填する。

そのなりで屋根を形つくると、分厚い屋根になってしまいかっこ悪い。

軒先を絞って細くするか、

軒を無くすか、 というのがデザイン上の手段となる。

軒を無くす場合は、壁と屋根の取り合わせ部分の防水と通気を、間違いのない納まりで施工しなければならない。

西方先生の納まり詳細は、自身の書籍でも公開している。

プロとして恥をかかないためのゼロエネルギー住宅のつくりかた」P83

イーヴェスベンツという通気部材を用いている。

前回、松尾さんの推奨しているハウゼコの通気部材も同じ目的の製品で、

軒ゼロ住宅のディテールには欠かせない。

普段から雪や断熱の関係で、軒ゼロ設計になれていて、経験と研究を積んでいる設計者は、

リスクももちろん把握している。

施工工務店も技術理解のあるところと組み、間違いない施工で行うので雨漏りはない。

ところが、

「設計者が、軒ゼロ住宅を「先端のデザイン」と

勘違いしているのではないかという事例が目立ちます。」

住宅の防雨・耐久性の第一人者である、東海大学、石川名誉教授は語る。

(日経ホームビルダー2016年12月号より)

切妻や寄棟で軒を出すのが屋根の基本である。

それであれば 従来からのありきたりの屋根形状であり、新規性に乏しい。

軒が無いと、ビルのようで住宅らしさが無くなる。

今までにないものは新しい。 新しいものはかっこいい。

そう思っている 若い設計担当者と、

そう思っている お客さんが マッチングして トラブルが発生していると感じました。

石川名誉教授

「ライフサイクルコストの観点からも、通常より費用負担が増加することも含めて包み隠さず話す。そのうえで最終判断を仰ぐ。そこで建て主がゴーサインを出したなら、建て主も当事者として相応の責任を負うべきです。」

としています。

軒無し設計にした。雨漏りがした。

そうなっても、依頼者側にも責任があり、

100%住宅屋が悪いとは言えない時代であるということです。

ネットでググればなんでも情報がある時代だ。

技術理解の乏しい住宅屋を選択した自分の選択眼が悪いわけだし、

リスキーな工事へ発注をしたということになるからです。

 

軒ゼロ住宅のリスク③・・・瑕疵保険の支払い理由9割が雨漏り

日経ホームビルダーでは、たびたび雨漏りトラブルを特集で記事にしている。

2014年6月号で「雨漏り、そのときに」とのタイトルで、雨漏りへの対応を特集。

2015年12月号にて「危ない雨仕舞い」のタイトルで原因を特集した。

住宅に欠陥があって、修理が必要になったとする。

場合によっては数百万ということもあるだろう。住宅の欠陥を「瑕疵」(かし)という。

こうしたケースにおりる保険が、「住宅瑕疵担保責任保険」である。

瑕疵保険が支払われた理由の

なんと!

9割が「雨漏り」あるという。

つまり、現代の住宅において、欠陥住宅=雨漏り住宅である。

軒ゼロ住宅は、雨漏りリスクが5倍であるとは前回から警鐘を鳴らしている。

壁と屋根との雨仕舞いが甘いと雨漏りになる。

さらに壁に雨がかかることになるので、窓周りからの雨漏りのリスクも高まる。

この両面の原因で、5倍になるのだ。

雨漏りによる保険金の請求が発生するのも、

引き渡しから3年目と10年目に生じる件数が増える傾向がある。

新築の外壁の8割が窯業系サイディングであり、コーキングの劣化が3年目くらいから生じることと、10年目に瑕疵保証がいったん切れるために、念入りに検査をして、不都合が発見されるのが理由であろう。

さらにいえば、11年目からは瑕疵の責任と保証が切れるために、

施主の自己管理責任となる。

これ以降で雨漏りが生じ、大規模な修理で数百万の費用発生がして、

住宅ローンがまだ終わっていない場合は、家計は耐えられないのではないのか?

この記事のケースだと、最初は応急処置で対応していたが、雨漏りは止まらず、

「結露なんで仕方ないです」と対応され激怒した。

最初の雨漏りから1年後、検査機関に調査を依頼、

「補修には1000万以上掛かりそうな見込みだ。」という話になった。

(どんだけ??と思いましたが、これが多発したら会社は潰れますわ)

前述の「住宅瑕疵担保責任保険」は義務化され、

全ての新築物件には「欠陥住宅保険」に入らなければならない。

ざっくり 保険料は5万くらい発生している。

その9割が雨漏りの補修費用への支払いの原資となっている。

このことは、受益者負担の原則からして、不公平である。

喫煙者が生命保険料が高くなるように、

切妻・寄棟の屋根の物件に比べ、

軒ゼロ物件の保険料は、5倍にすれば公平である。

または、

軒ゼロにする場合、中間検査の追加実施。 写真資料の整備は欠かせないだろう。

だって、もはや瑕疵保険というのは事実上、雨漏り保険なんだから。

瑕疵を扱っている責任保険法人は数社ある。

その中で料金体系にメスを入れ、公平にするところが現れたら、

私らの場合は料金が半分に下がるはずであるので、乗り換えたいところである。



相模 稔

相模 稔

オガスタの社長。 工務店経営のほか講演活動なども行う。 アメブロ「おーがにっくな家ブログ」もよろしく。

無料個別コンサルティング モデルハウスに行く