facebook
twitter
instagram
line
youtube

木の塀のデザイン NEO大和塀

庭・外構
相模 稔相模 稔

木の塀のデザイン NEO大和塀

「金衛町の家」のファサード処理は、山下氏に基本計画をつくってもらった。
その素案をベースに植栽計画と主庭の作業指示は私(さがみ)が担当しました。
すり合わせに2度ほど協議をして計画がまとまりました。

オーガニックスタジオ新潟社長の奮闘記 「自然素材の家」│ おーがにっくな家ブログ

アプローチを構成する門のような部分は、RC壁とコールテン鋼のコンビである。
つまりは家から出て真正面の部分は、しっかり受け止める感じが必要で、RCの壁。
そこに コールテン鋼の板を透けるように立てて対比させています。
錆びた鉄は土色であって不思議と自然な風合いです。

敷地全体を囲う感じの部分は 木の塀となります。
今回、新しい塀の処理を試みて、内覧会にいらした方には好評を得ました。
特に設計関係者が興味を示していました。

オーガニックスタジオ新潟社長の奮闘記 「自然素材の家」│ おーがにっくな家ブログ

今回の塀は「NEO大和塀」と命名したい。オーガニックスタジオ新潟社長の奮闘記 「自然素材の家」│ おーがにっくな家ブログ

一般的な大和塀は「上館の家」で用いられています。歴史のある方法ですから、非常にスタンダードで完成度が高いわけです。
この「NEO大和塀」は、本家と異なり柱が必要としないのが特徴でありメリットです。
貫が見えなくて、笠木も極薄のためにシャープな印象。 現代感覚があります。

施工手順

施工手順でいうと以下の通り。

この記事はオガスタ会員様限定です。
続きを読むには会員登録をお願いします。

まだ会員になっていない方はこちら

新規会員登録
相模 稔

相模 稔

オガスタの社長。 工務店経営のほか講演活動なども行う。 アメブロ「おーがにっくな家ブログ」もよろしく。

住宅無料相談