facebook
twitter
instagram
line
youtube

暑い時期の冷房と換気はどうしたらいいのか?

住環境・健康

暑い時期の冷房と換気方法

 

今回は、ノウハウ系記事としてまとめてみました。

① 暑くてむしむしの時期は、無理せずエアコン冷房してください。

例えば7月30日の新潟市の気象データです。

昼間の最高気温が約32度。湿度が59% (不快指数:82.5 暑くて汗が出る)

寝るころ22時の温度27.4度 湿度80% (不快指数:78.8 (やや暑い))

こんな日はどうしたらいいでしょう。

不快指数が計算できるサイト

昼間、窓を開けて通気し、扇風機で過ごすという方法もありますが、不快指数が80を超えるようでは汗は止まらないはず。 家事や労働の効率も悪く不快です。

日本の夏は湿気が多いから汗が引かないので不快なんです。

窓を開けても 暑くて湿気っぽい空気をいれているだけ。

「暑くて不快だな」と感じたら、エアコンで冷房してください。

寝るころの外気の不快指数は80を切るので、扇風機があれば快適に寝れそうに思われますが、2階は昼間の余熱で外気以上に熱だまりになっていて、寝入り際が暑くて寝づらい。

というケースも多いでしょう。

オガスタOBの方には、

この記事はオガスタ会員様限定です。
続きを読むには会員登録をお願いします。

まだ会員になっていない方はこちら

新規会員登録
相模 稔

相模 稔

オガスタの社長。 工務店経営のほか講演活動なども行う。 アメブロ「おーがにっくな家ブログ」もよろしく。

住宅無料相談 モデルハウス見学予約