facebook
twitter
instagram
line
youtube

小屋裏エアコンは熟睡できて快適

松尾式 小屋裏エアコンは快適

 

 

 

 

網川原の家Aは、小屋裏のロフトを空気調整室として、熱交換換気扇と、壁掛けエアコンを設置している。 まずロフトに 換気の給気を行い、冷暖房で温度と湿度を整え、

そこから2階の各部屋へ パイプファンで送風している。

 

関西エリアは最高気温が35℃超える日が続き、冷房がうまくいかないと満足されない。

松尾設計室では、標準的に小屋裏エアコンを採用しているようだ。

 

 

だいぶ前の建築知識にも紹介されていたし、福井パッシブハウスも見学もしていたので

やり方は知ってはいたが、新潟の場合、2階のホールに1台付けていれば何とかなるケースが多く、

なかなか松尾方式を再現する機会がなかったが、網川原Aでは本格的な採用になった。

 

 

夏の 寝室の温度と湿度の状態

小屋裏が一番冷えて、2階とは温度差がある。

小屋裏のエアコンは、設定温度24度でこの夏はつけっぱなしにしていただいた。

そして2階の寝室に、おんどとり(温度ロガー)を設置し、ひと夏の温度と湿度の変化を測定させていただいた。

 

 

その結論は 大成功でした。極めて快適。

お客様も 朝まで安眠がなされたと言うが、数値の上からも証明できる。

 

観測期間は 7月15日から8月22日まで。

 

寝室の平均室温は26.7℃

平均湿度は54.3%になっている。

 

これは新しい 完全空調のされている病院のような、体に負担のない 理想的な温熱環境だ。

不快指数でみても 暑くない。

 

赤い線が温度で、室温はびたっと変化がなく安定している。

黄色い線が湿度で、40%から60%の快適ゾーンで終始 留まっていることが分かった。

特に 最も湿度の低い時には 湿度は40%まで低下しているのにびっくりした。

 

気象庁のデータでは、2017年7月の、新潟市の平均湿度は81%であったとのこと。

一般的な住宅において、湿度が60%を切ることも困難なはず。

 

湿度40%まで下がる時があることにはびっくりしました。

調べると、ちょうどその時は外気温が35℃程度とかなり高い日時で、冷房運転がかなり強くされていたと思われる。 エアコンの室内の熱交換器がかなり冷えて、結露による除湿が強く行われ、湿気が取り除かれたからである。

 

その逆で、最大湿度が68%と最大値になったときの外気温は25度と低く、さらに外では雨が降っていた。冷房がほとんど稼働してないために除湿が促されていない。

猛暑の時ほど室内の湿度が低くなり、むしろ快適になることが分かった。

 

夏の夜に熟睡できない理由

ここで、一般的な住環境を思い起こして、寝室の様子はどうなっているのか?

熱帯夜をしのぐためには、 室内の壁掛けエアコンで冷房させたまま寝ることになる。

気流が体に触れると体の表は冷えるが、 ベット側の背中は熱がこもり暑い。

熱い寝湯の温泉に浸りながら、冷たい雨に打たれている気分である。

表と背中の温度差が気になり寝返り頻度が増す。

 

(画像:沢井製薬のサイトより転載)

 

実際に冷房の風が つねに体が当たっていると 自律神経が狂ってくる。

冷房病という言葉もあるくらい、エアコン冷房嫌いの方も多い。

数時間タイマーで途中に運転が止まるようにすれば、切れたとたんに汗ダルマになって目が覚める。

 

風が室内で生じているということは、音も生じていている。

寒さ・温度差・気流・音と 脳への刺激が多く 睡眠が妨げられる。

深夜に目を覚ますこともたびたびである。だから朝になっても疲れが取れない。

こんな日が続けば当然夏バテにもなるし、昼間の仕事の効率にも影響が起こってくる。

 

住宅の役割は、疲れを取り除く場所であることだと思うが、

安眠できない家は 価値が低いと言わざるを得ないと思います。

 

フロアの小屋裏エアコンの場合、直接的な風がなく、

寝室への送風量は 寝室エアコンに比べて1/3までに抑えられているので音もより少ない。

(網川原の家Aの場合は、寝室のクローゼットに冷気を落としたのでなおさらだ)

就寝時の刺激が少ないので快適である。

 

さらにロフトの温度は、寝室で設置した時よりもよりも低い温度で冷房できるために、

除湿効果が高くなる。

 

さらに2階の天井面の表面温度は、一般的な建物に比べたら低くなる。

一般的な家は、屋根裏が一番住宅の中で熱くなる。

小屋裏の換気不足の家になってしまうと、小屋裏の熱で2階天井が高温になりオーブンの中で横になった状態になる。

 

小屋裏エアコンはその逆で、天井からの冷輻射を受けて涼しく寝ることができる。

そのために空気温度以上に涼しい体感である可能性が高い。

 

観測したデータによれば、寝室の平均的な状況は、

寝る前には湿度が50%程度。 家族4人で寝てらっしゃったが、

人間からの発生する水蒸気で、起床時には60%程度まで上がりピークになる。

 

今回の観測の結果。

松尾式小屋裏エアコン冷房は 大成功だったと結論づけました。

 

小屋裏エアコンをおススメする住宅の条件

納戸を設ける余裕がなくて、ロフトが欲しい人は、

ロフトで空調できるこの方式をお勧めしたい。

今後オガスタでは、単なる床下エアコン暖房だけでなく

冷房も含めての全館空調を 標準的にご提案していきます。

この小屋裏エアコン方式だけでなく、別の方式も併せて、

予算とご希望に合わせて最適になものを!

(欲しいのは 朝までの熟睡である)

詳しくは またの機会にご紹介いたします。

(ダクトエアコンの全館空調をにおわせた記事でした。)

この記事はオガスタ会員様限定です。
続きを読むには会員登録をお願いします。

まだ会員になっていない方はこちら

新規会員登録
無料個別コンサルティング モデルハウスに行く