facebook
twitter
instagram
line
youtube

リフォームと、リノベーションとの違いは?

社会

リノベーションの3条件

 

リフォームと、リノベーションとの違いは?

リフォームは、設備の入れ替えや内装の更新など、部分的な工事を指しますが、

リノベーションとなると、全面的に「基本性能」にまで踏み込んで、

新築同様に生まれ変わらせる工事を指します。

 

オーガニックスタジオ新潟では、下記の3条件がそろって「リノベーション」としてます。

 

①耐震改修

②断熱改修

③自然素材内装

 

世間でのリノベーションはマンションの事例の数が多い。

マンションは共有部分の①耐震・②断熱は手を付けず、

③内装だけで完結するから技術難易度が低いからです。

 

戸建てはそうはいきません。

まずは耐震・断熱・耐久性という

基本性能を満たすには、最初にスケルトン(基礎と柱梁)までの裸にする。

そこまでするから、新築並みの性能が出せる。

しかし、既存の住宅は構造部分しか再利用できないので、

新築を100とするとだいたい80程度の費用が必要となる。

 

 

 

 

 

 

 

農家の倉庫を住宅にリノベーションした事例・ 荒川の家

古い家のなごりが味わいを出してますね。 これがリノベの魅力です。

 

某大手が、「新築の半分の費用で、新築そっくりになる」と啓蒙してくれたおかげで、

リノベは新築の半分程度で可能だとの誤った認識が

できたのが良くない傾向であった。

断熱気密のデリケートな部分に目を配らず、上から重ね貼りして、見てくれだけ新築っぽくするのであれば、50でできるだろう。

 

古い住宅における不満の上位が、寒い・暑い・結露である。

快適な暮らしを実現するには、①②③すべてやっておかないと満足度は低い。

社会的に高まる必要性

少子高齢化に伴う総人口の減少で、家余りの時代に突入する。

「すでにあるストックを直して住む」という、

戸建てリノベーションがどんどん必要になってくる。

 

2016年12月25日の日経の一面に空き家対策の制度が記事になってました。

「国土交通省は空き家に入居する子育て世帯や高齢者に最大で月4万円を家賃補助する。

受け入れる住宅の持ち主には住宅改修費として最大100万円配る。」

・・・・・・深刻になりつつある空き家問題の解決に、

リノベーションは 最上級の答えとしてさらに 出番が増えてくるだろう。

相模 稔

相模 稔

オガスタの社長。 工務店経営のほか講演活動なども行う。 アメブロ「おーがにっくな家ブログ」もよろしく。

住宅無料相談 モデルハウス見学予約