facebook
twitter
instagram
line
youtube

南面の大開口窓は 最大の見せ場です

木製大開口サッシは「キメ窓」 


「内野の家C」は、国認定のゼロエネ住宅です。
小さいながら内部は広々。贅沢な仕様の家になっております。

その目玉は、高性能、国産木製サッシです。
1品1品、オーダーで製作され、それなりにいいお値段がするものです。
オガスタ初搭載となりました。

2間間口の大開口から光が注ぎ込み、壁と天井に光のグラデーションを描く。
窓の幅は、普通の窓の2倍もあるし、床から天井までの高さである。
外とのつながりも強調されて、窓の景色がすばらしい。

一般的な設計においては、南方向の開口部を最大化する。
そして庭へとつなげる。
窓の普段使いはYKKAPの樹脂窓ではあるが、
ここまでの大きな窓になると強度の問題があって不可能です。

木製大開口サッシは、南専門の特殊な「キメ窓」と言ってもよかろう。

今回の窓は、新住協との結び付きも強い、山形県のアルスさんのものを使った。
鎌田教授のパッシブ手法に精通した髭の社長が、理想的なガラスを組み込んでくれる。

金物はシーゲニア社の エコスライドを使っており、200Kg以上の重い窓でも楽々開閉することができる。

木製サッシメーカーというのは、あんがいとぽつぽつと存在し、
小型メーカーならではの機動力で、我々のニーズに応えてくれる。

 

シャノンウィンドウは特注でいい仕事をする


樹脂サッシ窓においては、
シャノンウィンドウだと特注範囲がYKKAPよりもう少し融通が利く。
「青山の家B」の天井までの窓はシャノン特注だ。

気密保障をしないことを条件に、引込窓の対応もしてくれる。
柳沢の山荘はこの手法で、室内を外部に大胆につなげる試みを行う。

YKKAPも樹脂窓に力点を置くようになって、H=2400の樹脂窓にも今後対応していくことになった。北陸のビルダーでは、一般的な天井高H=2400を、めいいっぱい床から天井まで窓にするのが主流だそうだ。これがアルミマドにこだわる理由の一つであった。
そうしたニーズに対応した商品開発で望ましい。

このように、南面の大開口サッシの処理の仕方はさまざまで、
今後はじわじわ、木製・樹脂での特注対応のマドが増えていくことになるだろう。
方位・目的・価格に応じて自在にマドを使いこなすのが、これからのエコ達人の必須スキルとなってきております

相模 稔

相模 稔

オガスタの社長。 工務店経営のほか講演活動なども行う。 アメブロ「おーがにっくな家ブログ」もよろしく。

住宅無料相談 モデルハウス見学予約