facebook
twitter
instagram
line
youtube

ハニカム断熱スクリーンは窓性能を上げるが、結露に注意を【会員限定】

前回の記事で、窓の性能と結露の話しをしましたが、その続編です。

ハニカム断熱ブラインドは優秀な断熱アイテム

オガスタ住宅では標準採用されている、
ハニカム断熱ブラインドは、コストもリーズナブルだし、

冬の窓辺の冷え込みを軽減させる快適なエコアイテムです。

閉めることでワンランク窓のグレードに断熱性を上げます。

具体的にはリクシル製の窓の場合、
デュオPGというアルミ枠の、非Low-e複層という、
激安建売で使う窓が、スクリーンを併用すれば、
熱損失はサーモスHという、一番売れ筋クラスになるし、

サーモスHにつければ、
その上のランクのサーモスXクラスになるといいます。

スクリーンを閉めると窓は結露しやすくなる

高性能アイテムで、大変住宅の快適性に貢献するのですが、
ブラインドの奥にある窓の枠は、
より温度が冷たくなり結露しやすくなります。

だからさっきのデュオPGクラスは、
すごい洪水レベルの結露になるかもしれません。

オガスタ住宅は、樹脂窓を現在では使っているので、
現実的には、外気温が1番下がる朝方に、
一時的に枠に結露が発生したとしても
朝ブラインドを上げることで、
昼にはそれが消えてしまってるようです。

樹脂窓の場合は、暮らしで問題になるリスクは少ないですが、

一つ注意が必要です。

この記事はオガスタ会員様限定です。
続きを読むには会員登録をお願いします。

まだ会員になっていない方はこちら

新規会員登録
無料個別コンサルティング モデルハウスに行く