北海道産無垢フローリング(クリ)

自然素材
admin

国産材の無垢フローリング材

今までフローリング材は、北米で採られたオークの無垢材をメインで用いてました。
しかし、外国製品は為替や世界相場によって値段が変動します。
2021年の現在、アメリカは、リーマンショックの前以上に、住宅バブルになっており、建材相場が跳ね上がっております。SDGsの観点でも国産材利用が望ましいです。
国産の良質な無垢フローリング材を紹介します。

北海道産のクリ:特徴

栗は日本人が縄文時代の頃から身近に親しんできた木材です。
タンニンが豊富で非常に腐りにくい性質から、住宅の土台や線路の枕木等での使われてきたのはご存知かとおもいます。
今回は内装材なので、超耐久性の性質はあまり関係ありませんが、山の自然のエネルギーを感じる野趣に富む印象です。木目は力強く、ナラ(オーク)に似た色合いです。


ナラは経年変化で赤黒くなっていきますが、クリはそれよりはやや黄色味が強くなります。
比重は0.6で、ナラの0.67よりは少し軽く柔らかい感じです。
今までのナラのイメージがお好きであれば、クリは違和感なく受け入れられるでしょう。

グレードはソリッド乱尺(無節)

広葉樹は針葉樹と異なり、まっすぐに育たないため、採れる材料の長さが異なります。
通常の製品は(ユニ)といい、1枚の板が5つのパーツで継いであるものを用います。
継がない、1枚もの無垢の板(ソリッド)を張っていくのを乱尺といいます。
ソリッドなので1枚1枚が無垢の表情です。
材料費だけでなく、施工の手間もかかりますが、木目の風合いは最高です。


仕上げは自家製の蜜蝋ワックスを手で塗りこみます。