facebook
twitter
instagram
line
youtube

ミツロウワックスと経年変化

ミツロウワックスと経年変化

売却が決まった小新モデルハウス。

お引渡しに向けて、小工事と内部の整理を行っています。

 

リビングにはラグを敷いて使用してきました。

 

ラグをずらすと・・・オークの床材の焼け方に差があります。

 

こちらはラグを敷いていなかった部分。

 

ラグを敷いていた部分。

 

ラグを敷いていた部分は白っぽくなっています。ワックス成分がぬけてしまったのかと思い水を垂らすと・・・

水をはじきます。撥水性は健在です。

 

ちなみにラグを敷いていなかった部分にも水を垂らしてみると・・・

水をはじきます。

 

築約5年が経過する小新モデルハウス。

床のワックスはオガスタ製ミツロウワックス。

5年経過しても防汚性能が保たれています。

 

お施主様のお宅では、毎日歩く部分やしょっちゅう水を垂らすようなところは、

早めにワックスがきれるかもしれません。

ワックスがきれている目安は、表面がガサガサになって水をはじかない状態です。

ヤスリをかけてつるつるにしてから、ボロ布などでミツロウワックスを塗ってください。(部分的に塗ってOKです。)

お引き渡し時にお渡ししているぶんがなくなったら、追加も販売していますのでお声がけください。

 

床の焼けムラを嫌うのであれば、ラグやキッチンマットは敷かないほうがいいかもしれません。

それと、キッチンマットなどが濡れたまま長時間敷いてあると、その部分だけワックスがきれたり、

最悪カビが発生したりします。無垢材の床でキッチンマットなどを使用する場合は、頻繁に外して乾燥させてあげてください。

 

約5年が経過したオーク床材ミツロウワックス仕上げの経過観察でした。

 

山田

 

 

 

 

 

 

 

山田 剛

山田 剛

設計部/一級建築士

住宅無料相談 モデルハウス見学予約