STAFF BLOG

スタッフブログ

スポット断熱リフォーム~温度調査~

山田 剛山田 剛

スポット断熱リフォームとは

家全体を改修するのではなく、

家の一部、例えばLDKと水廻りなどを断熱領域として設定し、

断熱改修を行うものです。

昨年スポット断熱リフォームを施工させていただいたお宅の状況調査に伺ってきました。

各部屋の温度

暖房領域として設定したのは、

ダイニングキッチン+リビング+廊下+脱衣室+洗濯室+トイレ+浴室の計約37畳の空間。

 

エアコンのあるダイニングキッチン。室温は21.5℃。

隣接するリビング。室温は20.8℃。

廊下。室温は20.8℃。

脱衣室。室温は20.9℃。

エアコンから最も離れているトイレ。室温は20.0℃。

ちなみに外気温は2.6℃。

1月31日13:30ごろお伺い。天気は曇り~雪。

暖房は4.0kのエアコン1台です。(それだけだと寒いときは補助の暖房器具を使っているとのこと)

工事内容

断熱改修工事の内容は、

天井:既存のまま(袋入りグラスウールt100)

壁:既存のまま(一部真壁→大壁に、断熱材の有無は不明)

床:既存床(断熱材なし)の上にスタイロフォームt30張り+フロア張り

サッシ:既存アルミサッシに樹脂製内窓(ペアガラス)設置

加えて断熱領域にかかわる部分は気流留めを施工。

さらに、リビングに吸気口、トイレと浴室に2室換気扇を設置して3種換気としました。

 

ご予算の中で、優先順位を決めながら実施した計画。

なかなか暖まっていたのでほっとしました。

ただ、既存の建具を使用したところなど一部冷たい隙間風を感じるそう。

スポット断熱で気密をとるのは難し~、と実感した今日この頃であります。

山田 剛
設計部

山田 剛

設計部 主任 一級建築士

になって
お得な情報をGETしませんか?

  • 家づくりに役立つ最新情報を無料配信
  • 会員限定人気記事を無料公開
  • 会員限定e-BOOKを無料公開
登録はです!