facebook
twitter
instagram
line
youtube

断熱リノベーション~温度調査~

間取りを変更しない断熱リノベーション

断熱リノベーション。

というと、弊社では建物をスケルトン状態にしてから

工事することがほとんどです。

(スケルトン状態→建物を基礎や柱・梁など構造躯体だけの状態にすること)

スケルトン状態にせず、

既存の内部仕上げをそのままに断熱リノベーションしたお宅を訪問してきました。

工事内容

どんな工事をしたかといいますと・・・

・天井→既存断熱材GWの上にGWt200を追加

・壁→既存サイディングを撤去して付加断熱、GWt100

・窓→小窓はAPW330に交換、大きい窓は内窓を設置

・床→床断熱とし、発砲系断熱材t75

・天井や床の取り合いは気流留めを施工。

1階は間取りを変更しましたが、2,3階の内部はほぼ既存のままです。

温度調査

この時の外気温は2.4℃。

1階は事務所として使用。6畳用エアコンでフロア全体を空調。

室温20.2℃。

2,3階の居住スペースはそれぞれの階に設けたエアコンで空調する計画。

冬場は2階エアコン1台で空調、夏場は3階エアコン1台で空調する計画です。

伺った日は、エアコン不使用。

既存の灯油式温水床暖房のみで暖房していました。

2階リビング。室温20.0℃。すぐ暑くなるのでちょこちょこ暖房きるとのこと。

壁はほぼ室温と同じ温度。

APW330のガラス部温度。16.3℃。

内窓を設置した部分のガラス部温度。19.1℃。

既存アルミサッシ単板ガラスに、樹脂製内窓ペアLowEガラスを設置しています。

工事前と比べて灯油の使用量は半分程度になるとのこと。

暖かく静かで、ブラインドを閉めていると外の天候がわからなくなるそう。

 

 

内部に関わる工事を最小限に施工できるので、コストを抑えられます。

外壁の改修と一緒にやると効果的ですね。

山田 剛

山田 剛

建築部 現場監督 ヤマダくん アフターメンテ担当。みなさんのお宅にお邪魔します。 料理が得意。

無料個別コンサルティング モデルハウスに行く