facebook
twitter
instagram
line
youtube

i+i設計事務所コラボvol.2「中野山の家」内部造作工事

現場LIVE!

4月中旬に上棟した「中野山の家」

断熱気密施工が終わり、工事中盤に突入です。

外部の付加断熱、外壁防水下地まで完了。これからから外壁施工となります。

上部はウッドロング杉板外壁 下部は焼杉の2パターン。

正面左側 2階の台形サッシが納まり、いよいよ外観が見えてきました。

台形サッシ内観。屋根勾配、建物の高さに合わせてオーダーメード樹脂サッシ。

当初『シャノン』製で考えていたのだが、台形出窓の受注生産を中止したとの事で急遽『クレトイシ』制に変更。約1カ月半の納期でようやく設置。…正直、まだかまだかと焦っていました、、、ハイ。

内部造作も着々と進み、床ナラフローリング貼り

窓枠、建具枠の取り付けまでコマを進めました。

コレわかる人にはわかってくれるはず。超絶技巧「窓枠貫通 耐力ブレース コボット」しかも三連窓。

各職人さんたちには存分に腕を振るっていただいてます。

1階リビングから2階ホールまで続く斜め天井。仮設の足場で半分遮られてはいるがトップライト(天窓)の効果は抜群。

内部の骨格がだいぶ表れてきました。

 

小林 秀昭

小林 秀昭

現場監督/建築部部長 ヒデさん。 いつでもクールで冷静沈着。 ブログは苦手…だけど、頑張って書きます!