facebook
twitter
instagram
line
youtube

ハニカムブラインドのメンテナンス

ハニカムのヒモ

弊社で標準採用しているハニカムブラインド。

断熱性があり、やわらかく光を透過する優れた製品です。

(遮光タイプもあります。)

naisou

ただ、操作する際ヒモがよじれやすい。

よじれたまま操作すると、ヒモが切れそうになります。

ヒモがよじれてるな~と感じたら、よじれを直してから操作しましょう。

ちなみにヒモが切れてしまった場合、工場に引き取ってもらい修理可能です。

(5000~10000円程度かかります。)

樹脂部分が破損した事例もあります。

その場合は交換となります。

普段のお手入れ

使っているうちに、表面にほこりが付着します。

ブラシ、もしくは掃除機にブラシを装着して表面のごみを取り除いてください。

もしくは、少量の中性洗剤を混ぜた温めの水溶液に雑巾を浸し、固く絞ってから生地の折り目にそって軽く拭いて下さい。

遮光生地・防炎生地は中性洗剤を使ってのお手入れはできません。

※製品の仕様上、ブラインド本体を水洗いすることはできません。

 

ヒモのよじれの直し方、お掃除の仕方について詳しくはこちら参照↓

http://www.honeycom-b.com/honeycomb2015/wp-content/uploads/2018/02/bffb9a903d02b01b7168869cef9b5f64.pdf

ヒモを破損する事例が何件か発生しています。

オーナーの皆様、ご注意を!

山田 剛

山田 剛

設計部 一級建築士 ヤマダくん DIYと料理が得意。

住宅無料相談 モデルハウス見学予約