facebook
twitter
instagram
line
youtube

「花園の家」上棟

現場LIVE!

先週末、長岡市の「花園の家」が上棟しました。

あいにくの雨模様が続きましたが、

大工さんたちにも安全に作業していただき、

土台敷から屋根組まで、3日間で完了しました。

(15日だけ晴れ間が見えたので、1枚)

 

垂木間断熱

この現場の屋根の断熱は、

200mm程度のセルロースファイバー吹込みに

さらに50mmのミラフォームで垂木間断熱をしています。

「垂木」というのは屋根の板を支えるために転がす材で、

その材の間に、断熱材を敷き詰めていきます。

(↓細い木材が「垂木」、水色の板が「断熱材」)

(↓断熱材を敷き詰めた後、上から野地板を張っていきます。)

 

垂木間断熱選定理由

オガスタでは2階が勾配天井で、

断熱性能をさらに上げたい場合、

室内側の断熱層を厚くするのではなく、

垂木の通気層を利用して付加断熱を行うことが多いです。

 

垂木の高さは90mm程度で、

従来はこの間がすべて通気層となっていましたが、

通気層としては30mmあれば十分な為、

60mm分が余剰となっていました。

 

そのため、この空間に断熱材を充填することで、

断熱性能を向上させつつ、室内側の空間を圧迫しないようにすることができます。

他にも色々と利点があるので、気になった方は、

ぜひ一度、調べてみることをオススメします。

 

今後の工程

これからどんどん冷え込んでいき、雪も降ることが予想されるため、

年内には外装工事を完了させるよう、進めていく予定です。

また、工事が進み次第、ご報告します。

石川敬

石川敬

建築部 現場監督 石川くん。山形出身。きっちり仕事します!

住宅無料相談 モデルハウス見学予約