facebook
twitter
instagram
line
youtube

長岡「新保の家」基礎配筋検査完了

現場LIVE!

配筋検査完了

11月頭に着工したこちらの現場、

先日基礎コンクリートの配筋が完了したので、

第三者機関の検査員とともに、検査を行いました。

指摘事項はありませんでした。

コンクリートを打設すると目視での確認ができなくなるので、

配筋が設計通りに行われているか、この時点で確認します。

この検査をしないと瑕疵担保保険が付かないので、

どの会社でも行われいる検査となります。

 

配筋検査ではなく構造計算が大切

「配筋検査をしていれば、安心。」

そう思ってしまうのは、実は危険かもしれません。

配筋検査で診ているのは、「図面通りに出来ているか。」であり、

「構造耐力上、適した基礎である。」というわけではないからです。

 

最悪の場合、構造耐力に関してあまり考えられていない基礎でも、

その図面通りに出来ていれば、検査は合格してしまいます。

 

オガスタは構造計算された基礎配筋

オガスタではほぼ全棟、構造計算を行い、

軸組だけでなく、基礎の配筋についても、

計算の上で、配筋ピッチや鉄筋の径を決めています。

その図面に則って、現場が施工されることで、

本当の意味で地震に対しても安心な家になります。

 

「検査されているから、安心!」

それはあくまで、しっかり検討された図面であることが前提です。

皆さん、間違えないようにしましょう。

 

今後の工事予定

現在、基礎コンクリートの型枠を組んでいます。

11月中にはコンクリートを打設する予定です。

12月第2週には上棟できるよう進めていきます。

石川敬

石川敬

建築部 現場監督 石川くん。山形出身。きっちり仕事します!

住宅無料相談 モデルハウス見学予約