facebook
twitter
instagram
line
youtube

「村上の家」上棟

地域性に配慮する

「村上の家」が上棟しました。

お施主様おめでとうございます。

敷地近辺には、板張りの外壁・瓦葺きの街並みがひろがっています。

地域性に配慮し、街並みのひとつとしてなじむ建物になるよう設計しました。

近所の杉板黒塗装外壁。

自然素材の趣ある経年変化が見られます。

「村上の家」外部仕上げは、安田瓦+村上市産杉板の黒塗装で仕上げます。

通りの角に対して屋根の高さを抑え、圧迫感を軽減し謙虚な趣に。

切妻のシンメトリーな大屋根とし、屋根の高い部分が個室となります。

そこに下野が取り付きます。

借景を切り取る

敷地の北側に借景があります。

配置計画と合わせて、何度も検討し窓の位置を計画しました。

北西角からは、学校の桜の木が見えます。

北東からは城山が。

テーブルを置いて椅子に着座すると、山の景色を眺めつつ食事できます。

上棟すると、今まで想像でしかなかった窓の景色が、

リアルとなって確認できます。

よい窓となりそうです。

 

敷地近くのむかしからやってそうなご飯やさんで食事。

しょっぺ雰囲気のお店が好きです。

カウンターにおでん鍋があり、煮込まれたおでんが。

各種150円と書いてありましたが、2つ頼んだけどお会計は100円。

ゆるい感じも好き~。

山田 剛

山田 剛

設計部/一級建築士

住宅無料相談 モデルハウス見学予約