facebook
twitter
instagram
line
youtube

「寺地の家」リノベーション工事~構造補強~

現場LIVE!

リノベーション工事スタートしました

「寺地の家」のリノベーション工事がスタートしました。

こちらは築22年、約40坪のお宅のフルリノベーション工事です。

屋根瓦と構造、基礎は既存を利用し、他はすべて新しくします。

長期優良住宅認定を取得し、Ua値は0.29。ダクトエアコン1台による全館空調です。

 

解体が終わり、骨組みの姿となりました。

白アリの被害や大きな構造体の劣化もなく一安心。

 

防湿土間コンクリート打設

元々地盤の湿気が多く、床下にカビが発生していました。

地盤の湿気があがってこないよう、防湿コンクリートを打設。

基礎との継ぎ目は防蟻コーキングを施工し、

床下からの蟻の侵入を防止します。

構造補強

既存の構造体は、1間ピッチ(1820㎜間隔)で柱が立ち、

1本の筋交いで横方向の力に対抗していました。

 

耐震診断及び補強計算を行い、構造補強を実施。

柱を3尺ピッチ(910㎜間隔)で立て、耐力壁を設けます。

仮筋交いをいれて建付けを修正し、

大工さんが加工して、新規柱を立て込んでいきます。

弊社では現在2件のリノベーション工事が進行中です。

 

 

 

山田 剛

山田 剛

設計部/一級建築士

住宅無料相談 モデルハウス見学予約