「小新南の家」大型パネル工法で上棟しました!

山田 剛山田 剛

上棟!

「小新南の家」が上棟しました。

お施主様おめでとうございます!

大型パネル工法を採用

今回は建て方に、「大型パネル工法」を採用。

どんな工法かとざっくりいいますと、家の外回りをパネル可して工場で製作し、

現地では組み立てるだけとする工法です。

工場で製作するため品質の安定性や、工期の短縮などが望めます。

まずは通常の建て方通り、土台と柱を設置した状態にします。

クレーンがきます。

ここに、製作したパネルを持ってきます。

そして吊り上げる!

それを組み立てる!

パネルには窓、構造用面材、防水シートがあらかじめ施工されているので、

現地で組み立ててすぐ防水完了です。

※朝8:00の作業開始から14:00頃までのタイムラプスです。あっという間に壁が!

 

構造部が雨にさらされるリスクを軽減し、重量物をクレーンであげるため

職人さんの負担も減らすことができます。

立面計画

今回の敷地は街中の角地。

方位が約45度傾いた立地で、北東と南東は隣家がせまります。

総2階に下野が取り付いた形状です。

シンメトリーを意識し、2階には象徴的な高窓が設置されます。

角側には高さをおさえた下野を配置し、圧迫感を軽減しました。

下野の広い軒下は、駐輪スペースとして利用しつつ、悪天候時の利便性に配慮しています。

北西と南東に大きな高窓を設け、隣家をかわし視界を調整しつつ、

日射取得・採光・視線の抜けが得られるよう計画しました。

南西側に大開口を設け、大きく開いています。(上から6枚目の写真が南西側)

日射取得を図りつつ、2階窓は外付けブラインドで日射を調整、

1階窓はパーゴラで日射を調整、突き出た下野も西日避けとして機能します。

比較的道路までの距離が近いので、プライバシーに配慮した外構計画をしています。

進行が楽しみです!

 

山田 剛

山田 剛

設計部 主任 /一級建築士 津南町出身。二児のパパでもあります。