facebook
twitter
instagram
line
youtube

「西小針台の家」基礎工事

現場LIVE!
石川敬石川敬

基礎立ち上がり型枠組

4月より着工した西小針台の家。

配筋検査後、コンクリートを打設するための型枠を組んでいきます。

いつもは既成の鋼製の材で型枠を組むのですが、

基礎の立ち上がりが1.5mほどあるので、

コンクリートパネルにより、場所に合わせて一から型枠を製作し、

単管にて、型枠が歪んだりしないよう押さえていきます。

 

基礎立ち上がり打設

型枠を組んだ後はいよいよコンクリートの打設。

コンクリートがきちんと型枠の深いところまで充填されるよう、

型枠の両面から機械で振動を与えていきます。

 

型枠バラシ

コンクリートも固まり、型枠をバラしました。

どこにも大きなジャンカ部分もなく、キレイな仕上がりとなり一安心。

施工者さんの丁寧な仕事に感謝です。

たいへん迫力のある基礎になり、若干要塞感が出てきました。

 

今後の工程

当初の予定通り、5月中旬に上棟することができそうです。

メディアでも取り沙汰されているウッドショックの影響で、

木材が手に入りにくい状況が続いています。

資材の調達にも気を配りながらの現場運営になりそうです。

可能な限り滞りなく、引き渡しができるよう現場の方進めていきます。

 

石川敬

石川敬

建築部 現場監督 石川くん。山形出身。きっちり仕事します!