facebook
twitter
instagram
line
youtube

ハニカムブラインドの閉めっぱなしに注意!

冬場のハニカムブラインド使用について気を付けていただきたいことです。

ハニカムブラインドは空気層を備えたブラインドで、断熱効果が期待できます。

ブラインドを下ろしていればコールドドラフトの防止や、空調した空気の熱が逃げるのをふせぐことができます。

メリットの多いハニカムブラインドですが、下ろしっぱなしにしないよう注意してください。

窓とブラインドの間の空気は、ブラインドを下ろしているとほとんど動かないのに加え、室温より冷やされていきます。

北側の特に冷やされる窓や、夜間人が寝ているため湿度が上がりがちな寝室の窓などは結露を起こす可能性があります。

多少結露が起きても昼間乾けばいいのですが、ブラインドを下ろしっぱなしにしていると、

結露水が乾かずカビが発生する恐れがあります。

夜間はブラインドを下ろして断熱し、昼間はブラインドの下部を開け、結露が起きても乾くような状態をつくってあげてください。

また、太陽がでている時は、ブラインドや障子をあけて極力日射をとりこむようにしてみてください。

冬場にとりこむ太陽の光は、タダで利用できる暖房です。

少し意識して生活していただくとより快適な生活をしていただけると思います。

(家計的にも・・・)

 

山田 剛

山田 剛

設計部/一級建築士

住宅無料相談 モデルハウス見学予約