facebook
twitter
instagram
line
youtube

『ウッドショック』の発生と対応

おしらせ
admin

世界中で木材の争奪戦で品薄・価格高騰

今住宅業界で大騒ぎになっているのが、
住宅用の構造木材の供給不安です。
その様相は オイルショックならぬ「ウッドショック」と言われるようになりました。
特に梁などに使う、北米産の米松が品薄で、それに伴いと大幅な値上げが発生し、
代替品として国産材へと飛び火して、業界が騒然としています。

原因はコロナと、日本の地位の低下

コロナでの物流コストの上昇:
コロナによって都市がロックダウンされて、港の労働者が少なくなり、
貨物が動かなくなったので、船会社も運行する船を減便しました。
しかし、中国はいち早くコロナから脱却し、輸出を再開。
北米に大量のコンテナが到着したが、北米に滞留して中国に戻ってこない。
そこで貨物船の運航を見合わせる・・・という悪循環で、
海上物流が大混乱になり、運送費が大幅に値上がりしました。

世界的な木材の奪い合い:
低金利と高い株価を背景に、アメリカでは金余り状態になっている。そこに、コロナ禍から郊外へとの移住のための住宅ブームが巻き起きて、材木の需要が大幅に高まっています。
北米市場では、木材価格が過去最高値を大きく更新している。
北米に負けじと高値で輸入を拡大している中国市場に、世界の木材が吸い寄せられ、世界の主要な産地の先物産地価格は記録的な高値となっっています。
つまり、アフターコロナで一歩先を行く2大国の巨大需要に、貧乏になったのに、品質にやたらうるさい日本は、国際市場で競り負け、従来価格では材木が回ってこなくなってしまいました。

木材が無くて家が建てられない?

この「ウッドショック」は、世界的な社会構造から起こっていることなので、
これから次第と深刻化し、数年で終わるようなこともなく長期化が危惧されてます。
しかし、お金で済む話でもなくなって、大手ビルダーでは材木不足で着工ができない現場も発生してきているとのことです。

パワービルダーではSPFホワイトウッド集成材が広く使われてますが、1年で2倍の価格に高騰しております。SPFは2x4でも使う材料ですから、特に深刻です。
オガスタ新潟では、柱は国産杉を用いてますが、梁などに使う横架材は米松を利用しており影響があります。

オーガニックスタジオ新潟の対応

① 現状ではここ半年は木材は間違いなく供給はできると、取引先の確認は取れております。今後とも木材供給者との先を見越した連絡の疎通に努めていきます。

② 契約後に上棟がかなり先になる物件に関しては、見積りでの価格は3カ月まで有効とさせていただき、状況によっては木材の再見積もりを行い、金額の訂正を行わせていただくよう、お願いいたします。

③ 地域資源の循環利用と、ウッドマイル削減の観点からも、今後はさらなる国産材利用率の向上に努めたいと考えます。

横架材(梁)の利用量を少なくする設計へ

①上下階の柱の直下率を向上させると、横架材を無駄に太くしないで済みます。
2階の柱を1階に無柱にして梁で受けると太さが必要になります。
こうした素直な設計にすることで、価格低下だけでなく、構造の長期的安定と耐震強度の向上が期待できます。

② 傾斜天井・屋根断熱とする場合は、登り梁構造となるために、横架材を多く使うことになります。設計上、普通の平天井で差し支えない場合は、そのようにされることをおススメします。

住宅無料相談