facebook
twitter
instagram
line
youtube

集合住宅展示場で営業マンは何を話すのか?

相模 稔相模 稔

集合住宅展示場で営業マンは何を話すのか?

私は40歳まで 住宅の営業マンをしておりました。
当時は、集合住宅展示場にスーツ着て待機して、来店者に接客していたわけです。
モデルハウスの来訪者という方は、まずは建物を見てやろうという神経がビンビンで、収納扉などを片っ端から開けたり、目につくものに反応し、きょろきょろ天井を眺めたりします。
なんなんでしょうね? 普段われわれの内覧会にいらっしゃる方には こうした方はあまりいらっしゃらないのに、独特の落ち着きのない方が多かったです。
耳には神経が回ってませんから、私の話などには上の空。

今の住宅業界でもそうだと思いますけど、そんな方々に注意を惹きつけるために、
様々な 創意工夫をするわけですよ。


時代の旬な話:

この記事はオガスタ会員様限定です。
続きを読むには会員登録をお願いします。

まだ会員になっていない方はこちら

新規会員登録

相模 稔

相模 稔

オガスタの社長。 工務店経営のほか講演活動なども行う。 アメブロ「おーがにっくな家ブログ」もよろしく。

住宅無料相談