facebook
twitter
instagram
line
youtube

大手ハウスメーカーとオガスタの間取りの違い 【会員限定】

住宅設計
相模 稔相模 稔

建売チラシの間取りから何が読み取れますか?

ある大手ハウスメーカーの建売のチラシを手にした。
それを教材に、新田見ちゃんに、オーガニックの間取りとの
特徴に違いがあるかわかるかなと質問してみた。

建売A棟

建売B棟

 

 

 

   「廊下が長いですね。」

そうだね。その通り。
ハウスメーカー的な間取りだと、
部屋と部屋を廊下でつなぐ発想ですることが多いので、
どうしても通るだけの目的の廊下が出てしまうよね。

だから、家全体の坪数の割には、
特にLDKが狭いし、広がりが感じられないのだよ。

建売は売れてなんぼ

他にはわかるかな?

「南の窓から日が射さないですね。」

正解!
建売はあまり広い土地でやってしまうと、
総額で買える人がいなくなるから、
なるべく小さな区画でやろうとする。

近頃だと45坪位の 狭い区画割にして分譲するから、
ほとんど庭が取れないし、
隣の家が隣接するから、日当たりもとても悪いよね。

オガスタだったら、こういった敷地だと、

この記事はオガスタ会員様限定です。
続きを読むには会員登録をお願いします。

まだ会員になっていない方はこちら

新規会員登録
相模 稔

相模 稔

オガスタの社長。 工務店経営のほか講演活動なども行う。 アメブロ「おーがにっくな家ブログ」もよろしく。

住宅無料相談