外壁工事「矢代田の家B」

新田見 彩夏新田見 彩夏

矢代田の家Bは現在、待ちに待った外壁工事中です。

そろそろかな~と思っていたころ、職人さんから作業中の写真が届きました!

▽このように作業状況を知ることができます。

 

前回の記事で設計部の山田さんが外壁グレー塗装について書いていましたが、矢代田の家でもグレー塗装を採用しています。

 

グレーじゃない色で作るグレー

 

今回採用したグレーはこんな感じです。

ライトシルバーとダークベージュを混ぜています。

グレーという名前がついたものは入っていませんが、グレーサンプルのひとつです。

 

実際に貼り始めた様子がこちら。

天候や時刻にもよりますが、色には面積効果というものがあり小さい面で見るよりも大きい面でみると明るく見えるという現象が起こります。

 

東西にあたる両サイドはアイボリー色のガルバリウムを採用しました。

 

全体的にクリーム系の色を組み合わせ、優しい印象の外観になります。

 

 

杉板外壁の特徴

 

杉板外壁の特徴に節や経年変化といったものがあります。

木材は自然素材ですのでどうしても節があったり、雨や日射による経年変化があります。

5年の経年変化はこちら

年を重ねるごとに変化していくのを見るのも一つの愉しみかただとと思います。

 

一方、塗料を使用することで上記のような節や経年変化を目立たなくすることができます。

また、よりお好きな雰囲気に近づけてオリジナリティーを出すこともできます。

 

外壁は家の顔になります。

塗装を考えている方はビビットくるカラーを見つけ、通りかかった人を振りむかせましょう!

 

内部をちらっと…

内部は吹き抜け部分が見えて、見どころである吹き抜け部分の開放感が出ました。

少しずつ家具工事も始まっています。

足場解体&家具工事、楽しみです!

新田見 彩夏

新田見 彩夏

設計部  /二級建築士