facebook
twitter
instagram
line
youtube

住まいnet新潟 vol.31取材風景 らせん階段のある家「月岡の家B」

3/31発売の住まいnet新潟 vol.31に掲載されている
月岡の家B」の取材風景をご紹介したいと思います。
実は、住まいnet新潟の誌面で、オガスタの事例を紹介するのは久しぶりなのです!

4間真四角の総二階

取材に伺ったのは、昨年の12月初旬。
紅葉した葉っぱが地面に落ちて、冬の始まりを感じます。
そんな時期の新潟らしい天気の中、なんとか晴れ間を塗って撮影しました。

広い敷地の中にポツンと佇む、4間真四角の総二階のお家。
外壁は杉板の横貼りで、南北に窓を設けたパッシブな設計です。

アンティーク家具とらせん階段

家を建てる前からアンティーク家具が好きだったというI様ご夫婦。
ダイニングテーブルとイスは、オガスタでも御用達のforesightさんのもの。
お家の雰囲気に合っていて、とても素敵です。

日射調節の簾もいい感じ。

インテリアの随所にもご夫婦のセンスが光ります。

そして、なんといっても特徴的なのは、らせん階段。
コンパクトなお家の中で、なるべく階段スペースを節約しつつ、
玄関と室内の間仕切り的な役割もあります。
くるくる楽しくて、何度も上ったり下りたりしたくなる階段です。

リネンのカーテンを閉めると、玄関側から室内への視線も調整できます。

 

1階にワンルームタイプのリビングダイニングを広く計画したので、
2階に水回りやクローゼット、寝室を配置。

階間エアコンもしっかり機能しているようで、裸足でも快適だそうです。

階段を上ったところのホールは、将来的に子供部屋としても使えるようになっています。
1階の撮影中は、その2階のホールでライターさんからインタビュー。
家づくりのはじまりから、色々お話ししていただきました。詳しくは誌面で!

私は今回伺って初めて見たのですが、床材は無垢のクリを使っています。
乱尺で、色の濃いものがあったり、薄いものがあったり。
味わい深くて、アンティーク好きなご夫婦にぴったりだなと思いました。

 

最後に、外観撮影中の一コマ。

窓際にお子さんの姿も映したくて、私たちが外で必死に手を振っています(笑)
もう少し暖かくなったら、外でたくさん遊んでね!

I様ご一家、ご協力ありがとうございました!

 

住まいnet新潟vol.31は、書店・コンビニにて販売中です。
久しぶりの誌面掲載、ぜひチェックしてみてください!

関連ブログ

アンティーク家具とらせん階段の家「月岡の家B」

豊島 優香

豊島 優香

広報部 /2級カラーコーディネーター

住宅無料相談