facebook
twitter
instagram
line
youtube

「黒埼の家C」木部が深みを増した外観! ~5年点検の様子

黒埼の家C 5年点検で訪問しました。

こちら5年前の竣工時の写真

南面にウッドデッキとバルコニーを設けるスタンダードな総2階です。
オガスタ初代モデルハウスがこのスタイルでしたので、その影響か当時はこのパターンでの設計が多くありました。

そして5年経過…

まず圧倒的なのは植栽の育ちですね。
一番大きな株立はヤマボウシ。庭木として人気の品種でシンボルツリーとしてもよく使用されます。
どうでもいい事ですが「シンボルツリー」って言葉があまり好きではありません。
何となくその言葉から商売臭さがするのは私だけ?

すみません、余談でした。

杉板外壁の経年変化とメンテナンス

植栽と共に建物の木部も深みを増しました。
ウッドロングエコを塗装した杉板は雨が当たる部分と当たらない部分で明確に色が変わっています。

ウッドロングエコのメンテナンス方法についてよく聞かれるのですが、基本的に塗り替えはしなくてOKと説明しています。 着色しているわけでないので、美観維持のために定期的に塗る必要が無いからです。

しかし、多湿な環境により表面に苔が生えたりした場合は水洗い清掃をお勧めします。
万が一、著しくカビの発生が見受けられる場合は防腐、防カビ材の含まれた保護塗料による塗装が良いでしょう。
ただ、オガスタでは創業当初(約10年前)から杉板ウッドロングエコ塗装を採用していますが、著しい劣化により保護塗料の再塗装が必要となった物件はありません。

それぞれの生活の色

続いては内部の雰囲気をダイジェストで。


リビングから庭を眺めます。障子は雪見障子。緑を眺めながらも目隠し効果が抜群です。


リビングでも縄跳びができるっていいですね。


以前にフォトコンに応募していただいた写真ですね。
飾ってもらえてうれしい。


ホールに設けた子供スペースも開放感があってgood。

5年経過し、オーナーさんの生活が色濃く映し出されたアットホームな黒埼の家Cでした。

波潟 靖

波潟 靖

現場監督 アフターメンテナンス担当ナミさん 写真が得意。猫を飼い始めました。

住宅無料相談 モデルハウス見学予約