facebook
twitter
instagram
line
youtube

「中山の家」気密工事完了しました。

現場LIVE!

東区、中山で工事中の「中山の家」

断熱・気密工事が概ね完了。

現場にて、施主と、

工事状況および配線位置を確認しました。

この際、オガスタ気密施工水準についてもしっかりとご説明。

「気密」の重要性については

こちらの記事をご覧ください。

誰でもわかる「気密」がなぜ必要か?

 

気密工事状況

① 気密施工前

こちらは外に面した壁に断熱材を隙間なく充填した様子。

この上から気密シートで前面を覆っていきます。

 

② 気密施工後

パッと見てもわかりづらいですが、

ピンクがかった半透明のシートで覆っています。

構造躯体との取り合いなど、隙間ができやすい箇所も

先張りした気密シートと気密テープ等で念入りに施工。

 

 

断熱気密施工は住んでから目では見えない

断熱気密工事は住宅の性能を決めるうえで重要な要素ですが、

残念なことに引渡し後には壁の中に隠れてしまい、

目視で確認することが困難な部分です。

 

施主はぜひ、ボードで壁が塞がれる前に

自分の家の施工がしっかりしているのか、

現場確認に行かれることをオススメします。

 

 

小林 秀昭

小林 秀昭

現場監督/建築部部長 ヒデさん。 いつでもクールで冷静沈着。 ブログは苦手…だけど、頑張って書きます!

住宅無料相談 モデルハウス見学予約