facebook
twitter
instagram
line
youtube

「北三条の家」断熱・気密工事完了

現場LIVE!

断熱工事

4月中旬に上棟したこちらの現場、

先日、断熱・気密工事の方が完了しました。

断熱材はグラスウールを使用し、

欠損や圧縮部分がないよう、隙間なく丁寧に充填します。

グラスウールが極度につぶれていたり、

隙間が在ったりすると、その部分からの熱が逃げていきやすくなり、

断熱性能が落ちるばかりでなく、結露の原因となることがあります。

 

気密工事

断熱材を充填した後、室内側に調湿気密シートを張っていきます。

調湿気密シートの主な役割は以下の2点。

① 断熱材内の余分な湿気を外へ逃がし、断熱材内での結露を防止する。

② 外気が入ってくる隙間をなくし、計画換気が正常に行われるようにする。

気密がきちんと確保されていないと、

いくら高性能な断熱材を入れても、外気が入りやすく、

想定した断熱性能に満たない場合がありますので、注意が必要です。

ちなみに、気密性能の指標はC値(相当隙間面積)で表されます。

オガスタの気密については 『こちら』 

 

外壁付加断熱

外壁にはさらに、スタイロフォームで付加断熱を行いました。

水色に見えているのがそれです。

その上から、防水シートで覆います。

いつもは白い防水シートを使用するのですが、

本物件は外壁仕上げがファサードラタンなので、

スノコの隙間から見えてもカッコいい黒い防水シートを採用しました。

ファサードラタンが気になる方は 『こちら』

 

今後の工程

外壁仕上げを早々に完了させ、6月中旬には外部の足場を解体予定です。

内部は6月下旬の木工事完了を目標に進めていきます。

 

石川敬

石川敬

建築部 現場監督 石川くん。山形出身。きっちり仕事します!

住宅無料相談 モデルハウス見学予約