sumica vol.7特集取材 ぶどう畑のタイニーハウス「松野尾の家」

sumica vol.7 発売中!

今回は巻頭特集「新潟で、これから住みたい家。」で
性能向上リノベーションの「松野尾の家」を取り上げていただきました。

真夏にこそ感じる快適さ

取材に伺ったのは8月初旬の真夏日。
撮影には抜群の快晴だったのですが、暑すぎて長時間外にいれないくらい…

ですが、お家に入った瞬間、取材班一同「涼しい~!」
エアコン1台でとても涼しく快適に暮らされていました。

築25年の中古住宅を購入し、基礎と屋根だけ既存のものを使用した
性能向上リノベーションのお家です。

お引渡しから約1年。アプローチも賑やかになってきました。

リノベーションの可能性を探る 和の平屋

元々の住宅は、家の中心が暗くなってしまう平屋特有の問題が
まさに表れた間取りで、ただの暗い中廊下だったようですが、
キッチンを配置し、ぐるぐる回れる便利な導線を実現しています。

小屋裏スペースからトップライトで明るさも確保しつつ、空調室も兼ねています。

対面キッチンで、折り上げ天井が美しいダイニングとつながります。

そしてダイニングからリビング、ウッドデッキとつながり、コンパクトながらに
多様な居場所がある気持ちのいい空間になっています。

施主のS様もお気に入りの障子と簀戸、
どっちを見せようか迷った挙句、どっちも見せる欲張りスタイルに(笑)

ナナカマドさんの手洗い鉢は、ちょっと珍しいブルーをオーダー。
絶妙な色味でとっても素敵です。

 

「新築よりもワクワクする」と選択したリノベーション

元々古いものを直して使ったりするのが好きだというS様は、
「リノベだからこそ、より自分たちらしく暮らせる家になった」とおっしゃっていました。

外壁の杉板張りから内部の漆喰仕上げも、ご主人が自らDIY。
愛情がたっぷり詰まった家になっています。

工事期間:漆喰仕上げ中のS様

 

これからは物置小屋の増設計画もあったりと、まだまだ広い敷地が
今後どうなっていくのか楽しみです。
そのまま残した葡萄や柿の木も実り、この秋収穫できたでしょうか。

S様ご一家、ご協力ありがとうございました!

 

広い敷地で伸び伸びと暮らしたい方や、古き良きを生かしながら住み継ぎたい方など、
オガスタの「性能向上リノベーション」おすすめです。
ぜひsumicaの記事もチェックしてみてくださいね。

 

関連ブログ

ぶどう畑のタイニーハウス「松野尾の家」

豊島 優香

豊島 優香

広報部  /2級カラーコーディネーター 主にyoutubeチャンネルや取材対応を担当。 お施主様とお会いできることを楽しみにしています。