facebook
twitter
instagram
line
youtube

【終了】3/8(日) タテのつながり、ヨコの広がり「花園の家」新築完成内覧会 (長岡)

完成内覧会

初・長岡での新築完成内覧会!

最近は長岡方面も施工体制が整い、ご依頼をいただくことが増えてまいりました。
コツコツと施工事例が増えてきて、長岡市街地での内覧会はなんとはじめて!
(見附・寺泊でやったことはありましたが。)
今後も、『長岡方面も積極的にお受けしますよ!』と意を込めて、花園の家のご予約スタートです。

2020年  3月  8日(日)
10:00~17:00 (時間予約制)

会場:長岡市花園南 某所

【パパママへのおねがい】
お施主様へお引渡まえの住宅につき、
ちいさなお子さまをお連れになる場合は抱きかかえていただくか、
常に手をつないいただくなどしていただき、お子さまが走り回ったり壁にぶつかったりしないようにご注意をお願いします。

【新型コロナウイルス感染拡大対策について】※詳細はこちら
・完成内覧会イベントは完全ご予約制にて、少人数に絞ってご案内させていただきます。
(ご予約については、1時間に最大3組様づつのご予約としています。)
・内覧会へのご来場時のマスクの着用(ご用意が可能な限りで結構です。)および、消毒のご協力をお願いします。また、37.5度以上の発熱の症状・咳の症状のある方は内覧会会場への入場はご遠慮ください。
・お客様とのお打ち合わせ時および接客時に、スタッフがマスクを着用させていただきます。

タテのつながり、ヨコの広がり『見通しの家』

建築に造詣の深いお施主が望まれたのは、洗練された自然素材の扱い。
自然素材を用いることでなりがちな、「素朴」「あたたかみのある」イメージとは一線を画した完成イメージをお持ちでした。

外観は、雪深さに備えた切妻屋根に、下屋のついた豪雪地に最適な形状。
植栽の緑の映える、白いガルバリウムの外壁と灰色塗装された杉板仕上げ組み合わせです。
北東角地であるため、北側に家を寄せて配置し、南側からの日射を最大限確保することとした。
北面、東西面の開口部を極力絞り、南側に開口を集めることで、大開口とすることで
プライバシーは守りつつ、明るい空間となっています。

塗装で表現した濃淡のはっきりした内部空間

内部での見どころは、スキップフロアと南面大開口のよどみのない動線計画とシークエンス。


建具、キッチン、階段等をチーク色で塗装し、建具枠や巾木などは白で塗装。
無垢の表情はそのままに、着色することで濃淡がはっきりした空間に。

リビングから吹き抜け、私室へと抜ける視線が広がりを感じさせる。
また、書斎から外を眺めれば、街路に沿って視線が抜け、
奥に見える越後山脈を見ながら、四季を感じ、物思いにふける・・・
それぞれの空間に区切りはあるものの、視線が通る箇所が多くあるので、延床面積以上の広さが感じられる家となっています。

■「花園の家」建築データ

◆Q1.0住宅 Lev-2 (暖房時熱負荷が、次世代省エネ基準モデルの28.7%)

◆Q値=0.98 Ua値=0.33
◆空調方式:階間エアコン方式+床下エアコン
◆敷地面積:約80.7坪 延床面積:約33.6坪

■関連ブログ

長岡物件続々進行中!「花園の家A」外部下地工事

「花園の家」上棟

「花園の家」基礎配筋完了

長岡「花園の家」着工

 

住宅無料相談 モデルハウス見学予約