facebook
twitter
instagram
line
youtube

【大賞発表!】第5回フォトコン2020受賞者発表

おしらせ

#オガスタフォトコン2020 入選作品の発表です。

今回は全43作品のご応募ありがとうございました。
応募はしていないけど、2/22~24に開催された「くらしの写真展」を見に来てくれたオーナー様も多くいらっしゃいました。ありがとうございます。

フォトコン応募数は横ばい。あれっ・・・引き渡しているお客さんは増えているはずなのに。
と、来てくれたオーナーさんにお話を聞いてみると「出そうと思ったんだけど・・やっぱやめた💦」とか「いや~出す写真なくて・・・💦」と恐縮なさる。いやいや難しく構え過ぎ?(笑)
オーナーさんとのコミュニケーションがこのフォトコン&くらしの写真展の大きな意義。
ゆるーく参加できるコンテストなので、もっと気楽に応募してほしいものです!来年に向けて、みなさんお待ちしています。
(なお、ご応募いただいた全作品はFBアルバムでご覧いただけますのでお楽しみください。)

以下、入賞のオーナー様には3/15までに賞品を郵送、または社員がお届けに伺います。
また、ご応募いただいたすべてのオーナー様へ入賞作品で作った4月はじまりカレンダーを発送いたします。(3月末の発送となります。)

◎グランプリ(1点)
「初夏」
大窓から見える青空。
子ども達は、庭を眺めたり、床に寝そべったりして、気持ちの良い休日を過ごしていました。

【オガスタより】社員評価および投票人気も高かったこちらの作品がことしのグランプリ!
スカッと晴れた青空を大窓に贅沢に眺めながらの、夏休みのだら~っとリラックスした空気感が◎

 

◎準グランプリ(2点)
「お仕度」
出掛ける前に、さいごの仕上げ。髪をとかし、準備は万端。
せいいっぱい背伸びして、『わたし、かわいくなったかな?』

【オガスタより】説明がなくとも想像を掻き立てる一枚。ストーリー性のある瞬間をとらえた写真が高評価でした。
背伸びしたつま先がなんとも可愛い。

 

「夕桜」
ハニカムブラインドを上げるのが毎日楽しみになる春。庭の梅、桜、こぶしが順番に咲き乱れます。この季節は室内からも花見ができる贅沢を感じています。

【オガスタより】構図もよく、季節感もあり、とてもバランスの良い一枚。華やかな写真は会場人気も高かったです。

◎社長賞(1点)
「お正月」
雪のないお正月。リビングで冬休みの宿題の書き初めをしました!うまく書けるかな

【オガスタより】冬の風物詩。懐かしさを覚える書初めの風景。親子で真剣に取り組む姿が微笑ましいですね。

◎投票賞(2点)
「シャボン玉」
天気がいいと、二人でこっそり相談してシャボン玉をはじめます。
がんばって芝刈りした庭もみてください。

【オガスタより】緑や庭に親しみたくなるオガスタの家の風景。縁側は季節によってさまざまな楽しみのある場所になりますね。

「こども会議」
お隣さんとBBQ後に、子ども達は好きなおもちゃを持ち寄り、何やら会議中?!

【オガスタより】緑の輝くお庭で、気持ちの良い光が照らすイキイキとした表情。大人の知らないところでとっても仲良く楽しそうでほほえましいですね。

◎SNS賞(2点)
「玄関前の子供とタイム」
タイムの花が綺麗に咲きました。玄関前にて我が子と鬼ごっこした際の一枚です。

【オガスタより】石でデザインされたアプローチとラフなタイムの組み合わせがとっても映える!
元気いっぱいのお子さんの姿が暮らす人の表情をプラスして◎

 

「冬の恒例」
子供が生まれ、オガスタハウスに住んで我が家の「食」への意識が変わリました。
その一つが親子一緒に作る自家製味噌です。材料の麹、大豆は無農薬かつ無肥料にこだわり、余計なものは入れないようにしています。「食」もオーガニックにしてくれるオガスタハウス。
発酵が進み食べらる日を楽しみにしながら、待ちたいと思います。

【オガスタより】親子の笑顔弾ける表情から、本物に触れて、囲まれて育つことの大切さを教えてくれます。「くらしを楽しむ」とはまさにこのこと。住むこと以上の価値を感じる一枚。

◎部門賞(4点)
「こども部屋」(インテリア)
子どもたちの大好きな遊び場です。
白い壁と木の床に囲まれた落ち着いた空間に、色とりどりのミニカーや絵本たちが並んでいます。

【オガスタより】丁寧に整頓された子供部屋。これならおもちゃも使いやすそうで、お子さんも遊びに集中できますね。今日は何をして遊ぼうか、とワクワクさせるようなスペースです。

「我が家の収穫祭」(趣味)
庭のアロニアに実が成りました。今年は収穫してジャムにでもしようと思い、子供たちに出動してもらいました。春から夏にかけて、庭が緑豊かになっていくのはとてもいいものです。
【オガスタより】植物園のようなみどり豊かなお庭。収穫できる樹種があるとより楽しみも増えますね。

「ぱぁぱーあちちぃー」(インテリア)
写っているのは一歳8ヶ月の息子。リビングでよく昼寝をします。この日は少し曇り、南向きの窓から少しでも陽を入れようと、ブライトは全開でお昼寝スタート。ところが30分もすると息子の声が階下から。窓からは温かい陽射しがリビングいっぱいに差し込み、どうやら暑くて起きてしまった様子。吹き抜けの二階から撮影。この後、息子を抱くと薄っすら汗ばんでいて、室温は24.8℃。もちろんエアコンは止まっています。私もシャツを脱いでTシャツで過ごしました。

【オガスタより】開放感のある南面のリビング。日射取得たっぷり、の冬の風景におもわずにっこり。

「何もしません」(みどり)
【オガスタより】こちらも窓辺で寛ぐ一枚。グリーンと家と人物のバランスが良く撮れています。
※部門賞(料理)は該当なし。

大会委員長・波潟より総評

皆様、フォトコンにご参加くださいましてありがとうございました。
いつの間にか大会委員長になっていた社内カメラマンの波潟です。

毎年恒例のこのフォトコンテストでは、普段の暮らしぶりや飾ることのない笑顔を見せていただく事で、皆様の「家への思い」「暮らしへの思い」「家族への思い」が私たちも感じられ、家作りに携わらせていただけた事を心から嬉しく思える、スタッフ一同大変楽しみにしているイベントです。

今年もたくさんの作品をご応募いただき、どの写真も素晴らしく本来であれば全て入賞としたいところなのですが、その中でも特に良かったと感じたものを皆様の投票を基に選考し合計12点を入賞とさせていただきました。

グランプリ作品「初夏」

この家のトレードマークでもある吹抜けに設けた大きな窓とや柔らかなカーテンが印象的な一枚です。
お庭に出たそうな女の子と対象にヒンヤリした床を満喫するお兄ちゃんが微笑ましいですね。

準グランプリ「お仕度」「夕桜」

どちらも構図がとても素晴らしかったです。
お子さんの仕草の可愛らしさもさることながら、少し引いて建物やインテリアを写真に収める事で、この家での暮らしの様子が垣間見ることができました。

その他入賞作品につきましても、生活風景の一部を切り取ったように自然体であたたかな写真でした。

***********

このフォトコン、もちろん来年・再来年と続けていく予定です。
オーナーさんとお会いした際にお話を伺うと「うちの写真なんて…」とおっしゃられる方も多いのですが、このコンテストは撮影の技術を競うコンテストではありませんので、高価なカメラである必要はありません。
普段何気なくスマホで撮った写真の中から選んでご応募いただいて結構です。
そんな皆様の素の生活をほんの少し見せていただき、みんなでホッコリするのが目的ですので、遠慮なさらずご応募ください。

それでは最後になりましたが、ご応募いただいたオーナ様、ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。
また来年お会いしましょう!

住宅無料相談 モデルハウス見学予約